飲酒や喫煙がIQ低下につながり記憶力、思考力、頭を悪くする?

爽快感は脳の働きを鈍らせ、ミスが増えることにつながります。

大量のアルコールを飲むこととタバコを吸うことは、どちらもIQの低下につながるそうです。

喫煙や飲酒をしている人は、記憶力が悪く、問題解決能力も劣っています。

同様に、暴飲暴食の割合が高いことも、IQの低下と関連しています。

喫煙は飲酒よりもさらに思考能力を低下させる可能性があります。

喫煙と飲酒の量が多いと、どちらも脳の働きが鈍くなり、ミスが多くなります。

その理由は、喫煙と飲酒が脳に供給する血管にダメージを与えるからではないかと考えられています。

全員がIQ、記憶力、思考力のテストを受け、追跡調査を行いました。

その結果、飲酒や喫煙をすればするほど、IQや記憶力が低くなることがわかりました。

また、飲酒者と喫煙者は、記憶力が悪く、思考力も劣っていました。

喫煙者にとっては禁煙する理由が1つ増え、飲酒量をコントロールしようとしている人にとっては禁煙を促すことになるかもしれません。

喫煙が脳の高次機能に影響を与える正確なメカニズムはまだ明らかになっていませんが、神経化学物質の影響と脳に供給する血管の損傷の両方が関与している可能性があります。

このことは、心血管疾患や肺疾患のある人は、神経認知機能が低下する傾向にあるという他の知見とも一致します。



ピックアップ記事