幸せになるための愛の戦略。幸福感と共感力を高め、不安感を軽減するには?

他人の幸せを願い、本気でそれを願うことで、人は自分自身をより幸せに感じるそうです。

内側に意識を向けるのではなく、外側に向かって愛の気持ちを送ることで、魔法のような効果が得られるのです。

たった12分間、この行為を行った人は、自分が他の人よりも恵まれていることに集中した人よりも幸せを感じたそうです。

研究では、また、不安感が減り、共感性が高まりました。

歩いて人に親切にすることは、不安を減らし、幸福感や社会的なつながりを高めることにつながります。

時間をかけずに、日々の活動に取り入れることができるシンプルな戦略です。

3つの異なるグループに分け、それぞれがより幸せを感じるための異なる戦略を試しました。

他人を見て、その人の幸せを心から願うこと。
相互関連性:人と人とのつながりを考える。
自分を他人と比較する:自分が他の人よりもいかに恵まれているかを考える。
すべての人をコントロールグループと比較しました。



その結果、「愛情」を実践している人は、自分自身を幸せだと感じ、不安が少なく、思いやりや共感性が高いことがわかりました。

対照的に、自分を他人と比較した人は、思いやりやつながり、共感性が低いと感じました。

下位社会的比較の核心は、競争戦略にあります。

しかし、競争的な考え方は、ストレス、不安、うつ病と関連していますと述べています。

愛情のある行動は、性格タイプに関わらず効果的です。

このシンプルな練習は、性格タイプに関係なく価値があります。

他人に愛情を注ぐことは、不安を軽減し、幸福感、共感性、社会的つながりの感情を高めるために、同様に効果がありました。

ソーシャルメディアは社会的な比較を助長する傾向があります。比較をしないことはほとんど不可能です。

ソーシャルメディアで見たものに対して、羨望、嫉妬、怒り、失望などを感じることが多く、それらの感情が私たちの幸福感を乱しているのです。



ピックアップ記事