赤ちゃんが欲しい!不妊での妊活にミトコンドリアサプリ「ベビウェル」商品レビュー

株式会社グレイン様から販売されている「ベビウェル」を実際に使用しましたので、商品レビューをさせて頂きます。ベビウェルは、有名な妊活サプリメントです。管理栄養士もおすすめで、ミトコンドリアサプリであるベビウェルで質の高い妊活ができます。

妊活サプリのベビウェル商品レビュー

ベビウェルの商品内容

商品名BABYWELベビウェル
価格12,800円
容量90粒
公式サイトベビウェル
評価4.6

特許原料である「オリゴ乳酸」が配合されています。

株式会社グレインは、サプリメント30年の実績があるので安全です。
機能性がある妊活サプリメントを販売されています。

国内製造で厳しい基準のチェック体制で製造されています。

体本来の力を引き出すと言われているオリゴ乳酸。特許成分で、体内環境を整えるサポートをする働きがあります。

オレアビータは、オリーブの葉から抽出された成分で、ミトコンドリアに着目されて開発。
体の全てのエネルギー源になり、全ての細胞に存在しています。

卵子や精子にも数多く存在してあり、生活習慣改善が必要になっています。妊活に効果があります。

アンデス産の高品質マカも配合。豊富なアミノ酸に、ビタミンB1、B2、B12、C、Eなどビタミン、鉄分、カルシウム、
ミネラルなど多くの栄養が配合。



マカは妊活におすすめです。
女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする植物エストロゲンが含まれます。妊活中の方に最適なスーパーフード。

葉酸は、妊活や妊娠、出産で非常に重要な栄養素として有名です。妊娠計画中の女性は、積極的に食事から葉酸を摂取する必要があります。

このベビウェルは、厚生労働省推奨の「モノグルタミン酸型」の葉酸を使用。

妊活に必要な葉酸ですが、胎児の神経系、脳の発達に重要な成分です。

妊娠する1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの期間での摂取が推奨。理由があり、赤ちゃんの神経系は、妊娠初期に作られ、先天異常は妊娠7週間頃までに起こります。

馬プラセンタは、他プラセンタの約300倍のアミノ酸が豊富に含まれています。
また、必須アミノ酸6種類も含まれています。希少価値が高い栄養の宝庫です。

先輩ママがおすすめする、妊活夫婦が選ぶ、品質満足度の調査で各1位を獲得しているミトコンドリアサプリメントです。

ベビウェルは、リピート率が高く87%です。妊活に大事な本来の力を引き出し、質の高い妊活をサポートしてくれます。

男女ともに飲むことが可能です。サプリメントは小さくて、8mmの粒ですので、飲みやすいです。

妊活されている方が増えています。妊娠しづらい場合は、体調を整えることが胎児です。

その他、実際にベビウェルを使用された方のクチコミを見ると、体調が整った、便秘が治った、目覚めが良くなった、生理リズムがよくなった、
寝つきがよくなった、冷え改善したなど個人の感想ですが、書かれていました。

妊娠時期は必要な栄養をとり、体を整える必要があります。
規則正しい生活が妊活力を向上させます。

定期コースもいつでも解約・休止ができます。
元気な赤ちゃんを授かりたい方。特許成分のオリゴ乳酸を贅沢配合。
ミトコンドリアで質の高い妊活が可能ににあります。

さまざまな妊活サプリを試しても結果が出ない方におすすめ。

しばらくの間、妊娠しようとしていますか?
妊娠しない理由を知り、問題を解決する時期に来ているのではないでしょうか。
不妊の方、妊活中の妊娠を希望さている方に人気のサプリメントです。ぜひ、お試しください。

妊娠しない原因にはいくつかの要因があります。
問題を理解し、解決策を考えることで、妊娠率の向上が可能です。

女性が妊娠するにはどのくらいの時間がかかりますか?

健康で生殖器が正常に機能していれば、月経周期ごとに25%の確率で妊娠することができます。

妊娠を試みるカップル(30歳未満の女性)のうち

30%が最初の月(最初の周期)で妊娠する
75%が6ヶ月後に妊娠する
85%が1年以内(12周期)に妊娠する
90パーセントが1年後に妊娠
95%が2年後に妊娠する

妊娠しない理由は何ですか?

生理が順調であっても、日常のさまざまな行動が妊娠の可能性に影響を与えることがあります。

過剰なストレス

ストレスは心身ともに健康を害し、妊娠する能力に影響を与えます。他にも、うつ病や不安症などの感情の乱れは、妊娠力を低下させます。妊活をするときは、落ち着いてバランスのとれた状態でいるべきです。ストレスは、脳下垂体を制御する視床下部の機能を妨げます。この下垂体は、副腎、甲状腺、卵巣を調節し、生理に影響を与え、生理不順にもつながります。

次のステップは?

妊娠の可能性を高めるためには、ストレス期を脱するための時間を確保する必要があります。ストレスに打ち勝つためには、サプリメントなど栄養をしっかり摂取したり、体調を整えたり、瞑想や運動をしたりするとよいです。

男性問題

不妊症の主な原因の一つは、精子数の減少と精子の運動性の低下です。この要因は、夫婦間の不妊問題の30~40%を占めています。

まず、医師または不妊治療専門家の診察を受け、検査と治療を受けることが必要です。精子の数や運動率の低下に対しては、テストステロンの補充や排卵誘発剤の投与が有効な場合もあります。

妊娠しない医学的な原因

長い期間うまくいかなければ、医師の診断と治療を受けることになります。不妊の原因は、男性と女性では異なります。

女性の不妊の医学的原因は以下の通りです。

生理不順

定期的に月経がない女性は、妊娠するのが難しくなります。生理不順は排卵が安定していないことを示しており、卵子がない状態での妊娠は不可能です。したがって、排卵が少なければ妊娠の可能性は低くなります。

生理不順で妊娠するには?

医師は、生理不順の根本的な原因を見つけ出し、それに応じた治療を行うことができます。
また、健康的な食生活を心がけ、理想的な体重を維持し、適度な運動を行い、医師の指示に従って不妊治療のためのサプリメントを摂取する必要があります。

子宮内膜症

子宮内膜細胞が子宮の外で増殖する慢性的な生殖器系の疾患です。子宮内膜細胞が卵管を塞いで受精を妨げたり、受精卵が卵管に到達できなかったり、卵子の周囲の環境を悪化させたりすることがあります。

この疾患は、生理不順や生理痛、激痛、排便痛、月経周期中の膀胱充満感を伴う頻尿、あるいは慢性骨盤痛の原因となります。

排卵障害

女性の不妊症の約20~40%は、卵巣から成熟した卵子が放出されない排卵不順が原因です。全く排卵しない人もいれば、数ヶ月に一度しか排卵しない人もいます。ホルモンの変動、体重の増減、過度の運動、強いストレスなどが排卵障害の主な原因と考えられています。

主治医は、炭水化物を控えた食事にすること、インスリン感受性を高めるために運動すること、ベビウェルのような妊活サプリメントを勧められます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

ホルモンバランスの乱れが原因で、排卵が妨げられる複合的な疾患です。卵巣に小さな嚢胞が形成され、卵胞の成熟が妨げられます。その他の症状としては、月経不順、体重増加、過剰な髪の成長、ニキビなどが考えられます。

食生活の改善、体重をコントロールするための生活習慣の変更、イノシトールの補給、排卵誘発剤、体外受精などの内科的治療により、PCOSを治療することができます。

卵管疾患

卵管が損傷または閉塞していると、卵子が子宮に到達することができず、精子が卵子に到達することもできないため、妊娠が妨げられます。このような状態は、性感染症、骨盤内炎症性疾患、または避妊手術や子宮内膜症などが原因で生じる可能性があります。

腹腔鏡手術で卵管を開いて修復したり、体外受精で治療することが考えられます。

卵子因子

卵子の質と量は、30代後半から40代前半にかけて低下します。女性は生まれた時に約100~200万個の卵子を持っていますが、思春期になると30万個まで徐々に減少します。その後、約300個が成熟し、排卵によって放出されます。そして更年期になると、最小限の卵子しか残らなくなります。

どのような治療が考えられますか?
卵子の減少は不可逆的なプロセスなので、妊娠可能な年齢のうちに妊娠を計画するようにしましょう。また、太っている人は減量し、禁煙し、甲状腺の問題を管理し、魚油、出産前用ビタミン、プロバイオティクス、ビタミンD、コエンザイムQ10などのサプリメントを摂るようにしましょう。これらは、卵の質を向上させることができます。



プロゲステロン濃度の低下

排卵後、黄体(卵胞の残骸)は、妊娠初期に胚の着床をサポートするためにプロゲステロンを産生します。この時期にプロゲステロンが不足することを黄体期障害(LPD)といい、不妊の原因の一つと考えられています。妊娠したとしても、胎盤や胎児がそれ以上成長しないため、非生存率の高い胎児や早期の胎児死亡を引き起こします。プロラクチンや甲状腺の異常などの他の医学的条件が、黄体機能の異常を引き起こす可能性があります。

生殖内分泌学者を紹介するかもしれません。治療法としては、胚の付着のために子宮内膜を厚くするプロゲステロンのサプリメント、プロゲステロンの注射、坐薬などがあります。

子宮頸管粘液の問題

子宮頸管粘液は通常、精子が粘液を通って女性の生殖器官に移動しやすいように、透明で弾力性のある形態に変化します。子宮頸管粘液の異常の場合、粘液が精子の通過を妨げます。また、粘液が感染症にかかったり、精子を殺す抗体を含んでいたりする場合もあります。これらの問題は、慢性子宮頸管炎や手術で子宮頸管が狭くなっている女性に見られ、妊娠が成立しない原因となっています。

感染症を特定して治療し、IUIや体外受精などの生殖補助法を用いることで、問題の解決につながります。

不妊症に影響を与える要因は他にもありますか?

あります。不妊症のうち、原因不明のものが25%、複合的なものが40%を占めています。

原因不明の不妊症

不妊症のうち、25%は原因不明の不妊症と診断されます。これは、さまざまな検査や評価を行っても実際の原因が見つからないためです。双方のパートナーが様々な検査を受けても決定的な結果が出ない。実際には何の問題もないかもしれませんが、結果として混乱を招くことになります。

組み合わせ不妊

ここでは、パートナーの両方が不妊症と診断された場合や、どちらかがいくつかの不妊症を抱えている場合を指します。不妊の原因に応じて、適切な治療が行われます。

女性の場合、月経周期の強さや期間が変化することがあります。これは不妊に直接影響する可能性があります。

ベビウェルは、赤ちゃんが欲しい、長年不妊治療をされている方におすすめのサプリメントです。