なぜ不安なのかわからないときに心を落ち着かせる5つの方法

慣れ親しんだ不安な感覚が自分の中に忍び寄ってくるのを感じます。
何が原因なのかはわかりませんが、早く落ち着かなければなりません。

まずは、自分だけではないということを知ってください。

不安は現代社会では一般的な問題であり、その数は増え続けているようです。

人口の3.9%以上がこの一般的な精神疾患に罹患しているとのことです。
不安な気持ちを落ち着かせ、コントロールするには、効果的な対処法が必要です。

医師から「落ち着いてストレスを解消しなさい」と言われて、不安が軽減されたことが何度もあるでしょうか。しかし、ストレスは人生において避けられないものであり、日々のプレッシャーを和らげることは必ずしも容易ではありません。

ありがたいことに、この一般的な病気に対する研究が進み、画期的な発見が人々の対処に役立っています。


不安を理解する

多くの人は、自分が恐怖を感じ、飛び出したくなるような感覚があることを知っていますが、自分の体の中で何が起こっているのかは知りません。

不安を感じるときは、体内のストレスホルモンが増加していることが原因です。自分の体は、危険から身を守るための闘争・逃走モードを備えて作られています。

例えば、道を歩いているときに、後ろから人が近づいてくるのを感じたとします。危険を察知した体は、その場からすぐに逃げ出せるように、ストレスホルモンを増やします。

アドレナリンとコルチゾールは、典型的ではない方法で行動したり反応したりする能力を体に与えます。

ホルモンのラッシュは、脅威が存在しない場合には身体を麻痺させることもあります。身体は理由もなく過剰に反応し、これらのホルモンが高まった状態は、あらゆる種類の問題を引き起こします。

コルチゾールとアドレナリンのレベルが高すぎる状態が長く続くと、不安が現れます。

パニック障害と不安障害の共通症状

不安が爆発的に大きくなると、パニック発作が起こります。

パニック障害と不安は密接に関係しており、人口の約3%がこの障害に苦しんでいると言われています。


ピックアップ記事