女性が絶対に無視してはいけない4つのホルモン不調の栄養素

女性であれば、ホルモンのバランスが崩れやすいことはご存知でしょう。

不健康な食生活、運動不足、慢性的なストレスなどがあると、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。しかし、健康的な生活を送っていても、ホルモンバランスが崩れることはあります。

ホルモンバランスを整えるためには、自分の主要なホルモンとその症状を知ることが大切です。また、症状だけでなく、健康維持に欠かせないビタミンについても知っておくとよいでしょう。

ホルモンバランスが崩れると、どのような症状が出るのでしょうか?
現在のところ、特定の健康状態の原因がホルモンバランスの乱れにあると断定できる研究はありません。しかし、いくつかの症状は関係している可能性があります。
体内のバランスが崩れている場合には、以下のような赤信号が出ます。

疲れやすい

睡眠時間に関わらず、疲れやすくなったと感じることがあります。

PMS

ホルモンバランスの乱れがPMSを引き起こすという決定的な証拠は見つかっていないとのこと。しかし、プロゲステロンの生成がこの症候群に関係しているのではないかという研究結果があります。

体重増加

ホルモンバランスの乱れにより、炭水化物の多い食べ物や甘いものが欲しくなることがあります。

髪の毛の減少

髪の毛が抜ける:刺激の強い製品やスタイリングで髪の毛が抜けることはよくあることですが、目立った抜け毛はホルモンの問題である可能性があります。

【あれもできる、これもできる一台3役のよくばり脱毛♪ビート2】

水の貯留

生理中にジーンズが少し窮屈になったり、指輪が指に食い込んだりすることはありませんか?ホルモンが正常でない場合は、水分を溜め込んでいる可能性があります。

フェイシャルヘアー

女性の中には、鼻の下やあごに薄い毛が生えていて、たまに脱色したり、ワックスをかけたり、抜いたりしている人も珍しくありません。

このような毛が粗く目立ってきたら、男性ホルモンの過剰分泌の可能性があります。

これは「多毛症」とも呼ばれています。女性の体内でアンドロゲンとテストステロンのバランスが崩れるとよく起こります。

骨の健康

専門家はこの不自由な骨の状態の正確な原因を知らないという。しかし、この記事では、少なくとも5つのホルモンが骨の健康に関係していると述べているので、バランスが悪いことが原因である可能性はあります。

尿路感染症

尿路感染症:別名UTIとも呼ばれ、痛みやその他の泌尿器系の問題を引き起こす厄介な問題です。尿路感染症は細菌性のものが多いのですが、慢性的な尿路感染症はホルモンの問題である可能性があります。

性欲減退

性欲の低下:10代から大人になるまで、女性は自分の性欲のレベルを知っているものです。性欲は、周期や健康状態によって強くなったり弱くなったりします。性欲がいつもより低く、その状態が続くようであれば、ホルモンが原因かもしれません。

肌の問題

肌の悩み:自分の肌はもともと乾燥肌、オイリー肌、混合肌のいずれかです。敏感肌の方もいらっしゃるかもしれません。ホルモンバランスの乱れが肌荒れを悪化させることがあるのをご存知ですか?ホルモンバランスの乱れが肌荒れを悪化させることもあるので、医療機関に相談してみましょう。

メンタルヘルスの問題

ホルモンバランスの乱れはメンタルヘルスに影響を与える可能性があるそうです。不安症やうつ病と診断された方は、医療機関でホルモンレベルを調べる検査を受けるかもしれません。

自分の体に耳を傾け、適切なホルモンバランスを保つことができれば、全身の健康状態は良くなります。体重、月経周期、エネルギーレベルも改善されるでしょう。さらに、他の健康状態が改善されたり、重症度が下がったりすることもあります。

女性の健康のための4大ホルモン

内分泌系とは、特定のホルモンを分泌する全身の腺の集合体です。それぞれのホルモンは、自分の健康に重要な役割を担っています。ここでは、重要な4つの主要ホルモンをご紹介します。

サロン技術のホームエステ脱毛【ドクターエルミスゼロ】

1.インシュリン

インスリンは、膵臓から分泌されるホルモンで、体内のブドウ糖濃度をコントロールしています。インスリンのバランスが崩れると、グルコースレベルのバランスも崩れ、糖分の急上昇や急降下が起こります。糖尿病になり、体重増加やその他の深刻な健康問題を引き起こす可能性があります。

2.コルチゾール

体がストレスを受けてサバイバルモードになると、副腎はアドレナリンとコルチゾールを体内に送り込みます。コルチゾールは、自己防衛のためのエネルギーを体内に供給します。慢性的にストレスを感じている場合、コルチゾールが多すぎると、気分、エネルギーレベル、体重に影響を及ぼします。

3.甲状腺

甲状腺は、首の気管の後ろにある蝶の形をした腺です。甲状腺は、首の気管の後ろにある蝶の形をした腺で、新陳代謝を調整するホルモンを作る重要な腺であり、体のサーモスタットとも呼ばれています。甲状腺をコントロールしているのは、脳にある下垂体と呼ばれる内分泌腺です。

この小さな腺は、甲状腺の働きを正常に保つための甲状腺刺激ホルモンを分泌します。TSHがオフになっていると、甲状腺ホルモンのバランスが崩れ、代謝に悪影響が出てきます。慢性的な疲労感やエネルギー不足を感じるようになります。

4.エストロゲン

女性の特徴は、主な女性ホルモンであるエストロゲンによってもたらされます。エストロゲンは、女性らしさだけでなく、代謝、脳機能、骨の健康、気分、体重などにも関係しています。

エストロゲンの分泌量は20代でピークに達します。

30代以降になると、通常、エストロゲンが減少していきます。この更年期には、周期の乱れ、寝汗、不安感、気分の落ち込みなどが見られます。

一次医療機関では、簡単な血液検査を行い、腺の機能やホルモンのレベルを測定することができます。これらの検査によって、どのような調整を行うべきかが明らかになります。そして、状況を改善するための提案を受けることができます。

ホルモンバランスの乱れを防ぐために必要なビタミンと栄養素

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、まず健康的な生活を心がけることが大切です。砂糖やナトリウム、防腐剤などが入ったジャンクフードを食べていると、ホルモンに悪影響を及ぼします。しかし、栄養価の高い食品を食べ、運動を習慣づけることで、内分泌系に良い影響を与えることができます。

健康を維持するためには、栄養価の高い食事に加えて、特定のビタミンやミネラルが必要です。ここでは、ホルモンを整えるために考慮すべきビタミンをご紹介します。

抜毛(ばつもう)後の薄毛・抜け毛にお悩みのあなたへ。
抜毛癖女性のための薬用発毛促進剤トリコチロアール

1.オメガ3

たしかに、飽和脂肪酸を含む食品はできるだけ避けたほうがいいでしょう。しかし、自分の体は、細胞が正しく機能するために、オメガ3のような健康的な脂肪を必要としています。内分泌腺の細胞は、ホルモンを効率的に生成するためにオメガ3を必要とします。

オメガ3脂肪酸が不足すると、ホルモンの分泌量が減り、バランスが崩れてしまいます。
女性は1日に少なくとも1.1gのオメガ3が必要だそうです。クルミや脂身の多い魚、亜麻仁、チアシードなどを食べることで、これらのビタミンを自然に摂取することができます。

2.ビタミンD

多くの人が、乳製品からビタミンDを摂取しています。エストロゲンとプロゲステロンの生成には、この必須栄養素が必要だということをご存知でしたか?また、ホルモンや血糖値のバランスを整える効果もあります。

丈夫で健康な骨や歯を手に入れたいなら、1日1回のビタミンDの摂取が必要です。この栄養素は体内で生成することができないので、乳製品や色の濃い葉野菜、太陽の光を浴びることで摂取します。メイヨー・クリニックの記事では、毎日少なくとも600〜800IUのビタミンDを摂取することを推奨しています。

3.亜鉛

亜鉛は必須ミネラルです。生殖能力を維持し、月経周期を整えるためには、一定量の亜鉛が必要です。また、甲状腺ホルモンのバランスを整える働きもあります。

避妊をしている人や消化器系に問題がある人は、亜鉛の量が少なすぎるかもしれません。ホルモンのバランスが崩れると、生理痛を感じることがありますが、亜鉛はそれを軽減してくれます。1日あたりの摂取量には個人差がありますので、検査を受けた上で、自分に合った摂取量を医療機関に相談しましょう。

4.ビタミンB12

ビタミンB群の中でも特に注目されているのが、代謝やエネルギーとの関連性です。甲状腺や神経の機能を正常に保つために必要な栄養素です。ビタミンB12は、エネルギーバランスを整えるだけでなく、記憶力や新しい概念を学ぶといった脳の機能を高めるのにも役立ちます。

ベジタリアンやビーガンの方は、肉類を食べる方よりもビタミンB12が不足するリスクが高いと言われています。ビタミンB12は、肉、魚、海産物、乳製品からしか摂取できません。しかし、B12を強化した野菜や肉に代わる製品を摂取することもできます。

B12の濃度が低すぎると、体が弱くなり、常に疲れを感じるようになります。
成人のB12の推奨摂取量は2.4マイクログラムと説明されています。ホルモンのバランスが悪く、B12レベルが低い場合は、医療機関や登録栄養士からサプリメントを勧められることがあります。

ホルモンバランスの乱れを防ぐための栄養素についての考え
ホルモンバランスが崩れると、全身がおかしくなったように感じることがあります。
ホルモンバランスの乱れを防ぐためには、体の各器官が安定した栄養素の供給に依存しています。

ホルモンバランスの乱れを防ぐには、各器官に必要な栄養素を安定的に供給する必要があります。
これらの必須ビタミンやその他の栄養素は、ホルモンバランスを正常に保つために役立ちます。



ピックアップ記事