感情がアルツハイマー病のリスクを高める

これらの症状を持つ人は、アルツハイマー病の症状が最大で7年も早く現れる。

うつ病も不安も、アルツハイマー型認知症の発症リスクを高めます。

うつ病の人は、認知症の中で最も多いアルツハイマー型認知症の症状を2年早く発症することが、最新の研究で明らかになりました。

不安のある人は、アルツハイマー病の症状が出るのが3年早くなります。

また、複数の精神的問題を抱えていると、アルツハイマー病の症状がより早く現れることがわかった。

うつ病や不安障害などの精神疾患がアルツハイマー病の発症に与える影響や、うつ病や不安障害の治療や管理が、認知症になりやすい人の予防や発症の遅延に役立つかどうかを理解するには、さらなる研究が必要です。

確かにこれは、うつ病や不安症の人が必ずアルツハイマー病を発症するということではありませんが、これらの症状を持つ人は、長期的な脳の健康を促進する方法を医療従事者と話し合うことを検討するとよいでしょう。

この研究では、1,500人のアルツハイマー病患者を対象に、精神的な健康状態について調べました。

その結果、精神的な問題を多く抱えている人ほど、認知症の症状が出始める時期が早いことがわかりました。

精神疾患を3つ以上併発していると、認知症の発症が7年以上早まることがわかりました。

また、うつ病と不安神経症の両方が、自己免疫疾患の既往歴と関連していました。

うつ病と自己免疫疾患、発作と不安との関連性は非常に予備的なものですが、うつ病を呈する人は、神経炎症の負担が大きいことを反映しているのではないかと考えています。

また、不安があるということは、脳内ネットワークが過剰に刺激されている、神経細胞の過興奮性が高いことを示している可能性があり、認知症予防のための新たな治療ターゲットになるかもしれません。



ピックアップ記事