心臓病のリスクを3分の1に下げる飲み物

1日2杯飲むと、心臓病のリスクが3分の1になるという。

カフェイン入りのコーヒーを1日1杯以上飲むことは、心臓病のリスク低下につながることが、3つの大きな心血管疾患研究の分析で明らかになりました。

心不全、冠動脈疾患、脳卒中などの心血管疾患、これらは世界中で死亡原因の上位を占めています。

心臓病の危険因子はいくつか知られていますが、この健康状態に関連する潜在的な食事や行動の危険因子を特定することで、患者さんの生活を改善することができます。

コーヒーは潜在的な危険因子であるという一般的な考えに反して、コーヒーの摂取が心臓病の確率を下げる可能性を示唆しています。

喫煙、加齢、高血圧は、最もよく知られた心臓病の危険因子の一つですが、心臓病の未確認の危険因子が残っています。

コーヒーは最も消費されているポピュラーな製品の1つであり、科学者にとって魅力的なテーマであるが、この飲料の健康上の結果や副作用についての研究は一貫していない。

研究のデータを比較分析しました。

これらの研究には21,000人以上の成人が参加し、10年間の追跡調査が行われた。

調査結果は、1日3杯、1日2杯、1日1杯、1日1杯も飲まないという、1日の摂取杯数に基づいています。

その結果は

カフェイン入りコーヒーを1日1杯以上飲む人は、心不全のリスクが低かった。
1日に1杯飲むと、飲まない場合に比べて心不全の確率が最大で12%低下した。
1日2杯飲むと、何も飲まない場合に比べて30%もリスクが低下した。
全体として、あらゆる食品や飲料からのカフェインの摂取は、心不全のリスク低下と関連していました。

カフェインと心不全のリスク低減との関連は意外でした。

コーヒーやカフェインは、動悸や高血圧などを連想させるため、一般の人には心臓に悪いものと思われがちです。

カフェイン摂取量の増加と心不全リスクの低下との間に一貫した関係が認められたことで、その思い込みが覆されたのです。

しかし、禁煙や減量、運動と同じ強度と確実性で、心臓病のリスクを減らすためにコーヒーの消費量を増やすことを推奨するには、まだ十分な明確な証拠がありません。

食事ガイドラインでは、1日3〜5杯のブラックコーヒーを健康的な食事の一部として摂取することが推奨されています。

ただし、食事ガイドラインでは、マキアート、カプチーノ、ラテなど、糖分、脂肪分、カロリーの高いポピュラーなコーヒー飲料は避けることが推奨されています。

一般的に、子供、妊娠中、授乳中の女性は、カフェインを含む食品や飲料を避けるべきです。

さらに、カフェインの大量摂取は健康を害し、いくつかの副作用を引き起こす可能性があることが研究で示されています。

因果関係を証明することはできませんが、これらの3つの研究が、コーヒーを飲むことが心不全のリスク低下と関連していることを示唆していることは興味深く、砂糖やクリームなどの高脂肪乳製品を加えず、プレーンな状態で飲めば、コーヒーは健康的な食生活の一部となり得ることを示しています。

つまり、野菜や果物、全粒穀物、低脂肪・無脂肪の乳製品の摂取を推奨し、ナトリウムや飽和脂肪、加糖を控えた、心臓に良い食事パターンの一環として、コーヒーを適度に楽しむことが大切です。

また、カフェインは刺激物であり、摂取しすぎると神経過敏や睡眠障害などの問題を引き起こす可能性があることに留意する必要があります。



ピックアップ記事