ダイエットで減量への意外な障壁とは?

ダイエットで減量への意外な障壁とは?

この研究に参加した人々は、減量に成功し、その減量を維持しようとしていました。

減量の最大の障壁の一つは、他人から批判されることであることが、新しい研究で明らかになりました。

体重を減らそうとしている人は、他人から “元に戻ってしまうよ!”などと心ない言葉や皮肉を言われることで、妨害されることがあります。

他人からの攻撃は、自分のライフスタイルに対する嫉妬や否定的な感情が動機となっている可能性があります。

自分が批判されるのを恐れて、残酷な人はまず他人に攻撃を仕掛けます。

この結論は、平均35kgの減量に成功し、その減量を維持しようとしている40人を対象とした研究から得られたものです。

研究者たちは、彼らに自分の経験についてインタビューしました。

多くの場合、誰かが体重を減らすと、その人の努力が友人や家族、同僚によって台無しにされてしまいます。

研究では、健康的な食生活について悪口を言われたり、体重が全部戻ってしまうと言われたりするなど、体重を減らした後に “リーン・スティグマ “を経験することがわかりました。

痩せた人たちは、他人のコメントに対処するためにあらゆるテクニックを使ったそうです。

研究参加者の40人全員が、自分の人生において、減量の努力を軽視したり、損なったりする人がいたと報告しています。

しかし、参加者が偏見に対処し、減量と人間関係の両方を維持するために、特定のコミュニケーション戦略を使用していることがわかりました。

使用されたテクニックは、「健康上の理由」や「よりエネルギーを持つため」に体重を減らしたと伝えることでした。

また、健康的な食生活を維持しようとすることもありました。

研究参加者は、他人の選択を批判しているわけではないことを明確にするために、わざわざ努力していました。

例えば、参加者は、健康上の理由や、よりエネルギーを得るために食習慣を変えたことを強調していました。

ピックアップ記事