20代のうつ病が50代の記憶喪失につながる研究結果?

早期に精神的な問題を抱えている人ほど、その後の人生での記憶障害が大きいです。

人生の早い段階でのうつ病のエピソードが、後々の記憶喪失につながることが、新しい研究で明らかになりました。

20代、30代、40代にうつ病や不安を経験した人は、50代になってから記憶障害を起こす傾向があります。

これは、うつ病が後年の認知症につながる可能性を示唆しています。

若年期にうつ病や不安症に対処することで、記憶障害や認知症のリスクを軽減できる可能性があります。

瞑想や運動、良好な人間関係の維持などのアプローチが有効である。

大人になってからのうつ病の経験が多いほど、後々の認知機能障害のリスクが高くなることがわかりました。

この知見は、長期的に悪影響を及ぼす精神疾患の再発を防ぐために、うつ病を効果的に管理することの重要性を示しています」と述べています。”

18,000人以上の赤ちゃんを成人になってからも追跡調査した研究から得られたものです。

その結果、早い時期に精神的な健康問題を抱えている人ほど、その後の人生での記憶障害が大きいことがわかりました。

うつ病や不安を1回経験しただけでは、その後の人生にほとんど影響はありませんでした。

しかし、20代、30代、40代のうちに2〜3回のエピソードがあると、50代になってからの記憶機能の低下につながることがわかりました。

これまでの研究で、成人期半ばから後半にかけての抑うつ症状が、その後の人生における脳機能の低下を予測することはわかっていましたが、成人期の30年間にわたる持続的な抑うつ症状が、中年期における記憶機能の低下の重要な予測因子であることが明らかになったことには驚きました。

友人や家族との良好な関係の維持、運動やマインドフルネス瞑想の実践など、心の健康を守るためにできることを行うよう、警鐘を鳴らすものです。



20代のうつ病が50代の記憶喪失につながる

ピックアップ記事