定期的な運動は睡眠の質を向上させる?

運動しても睡眠が改善されないと感じるのはなぜ?

睡眠を改善する方法として運動が推奨されてきましたが、運動をしても効果がないと言われることがよくあります。

今回、新しい研究でその理由が明らかになりました。

運動は確かに睡眠の質を向上させますが、人々はそれに気づいていないことがわかりました。

より早く眠りにつき、より深い眠りを経験しているにもかかわらず、人々はそれを自分では感じていないようです。

その理由の1つは、日頃から運動をしていない人は、たまに激しい運動をするとストレスや筋肉痛を感じやすく、それが睡眠の効果を打ち消すのではないかと考えられています。

言い換えれば、運動は睡眠を改善するが、これはより多くのストレスや筋肉の痛みを感じることで相殺されるということである。

この結論は、9人の男性を対象に、60分間の激しい運動を行い、睡眠の質を測定した結果から得られたものです。

睡眠中の脳波は、起床時のスッキリ感に欠かせない徐波睡眠や深い眠りに焦点を当ててモニターされました。

脳の計測ツールを使って、運動が睡眠の質を向上させるのか低下させるのか、また、短時間の運動が代謝状態に持続的な影響を与えるのかどうかを判断したいと考えました。

運動が客観的な手法で測定した睡眠の質を向上させることがわかりました。

たまに激しい運動をするよりも、定期的に中程度の運動をするのが良いです。

睡眠の質を主観的に評価した結果から、客観的な睡眠の改善にもかかわらず主観的な効果が得られない可能性のある時折の活発な運動よりも、定期的な中程度の運動の方が、知覚的な睡眠の質に有益である可能性が示されました。



ピックアップ記事