公園は20分いるだけで幸せにしてくれる効果がある

都市部の公園は、運動をしなくても情緒的な幸福感を向上させた。

都市部の公園に20分いるだけで、人はより幸せな気分になるという研究結果が発表されました。

運動をしなくても(効果はあるかもしれませんが)、そこにいるだけで十分です。

公園では、ストレスや疲労から心を回復させる時間が得られます。

「全体として、公園を訪れた人は、公園を訪れた後、感情的な幸福感の向上を報告していることがわかりました。

しかし、身体活動のレベルが情緒的な幸福感の向上に関係していることはわかりませんでした。

むしろ、公園で過ごした時間が情緒的な幸福感の向上に関係していることがわかりました。

それぞれ、心の健康について質問しました。

その結果、運動をしなくても、公園にいることで情緒的な幸福度が向上することがわかりました。

都市部では、緑地の不足が深刻化しています。

計画者や開発者は、緑地を住宅や商業施設に置き換えようとしています。

都市が直面している課題は、都市公園の価値についての証拠が増えているにもかかわらず、これらのスペースの廃止が続いていることです。



ピックアップ記事