減量で脂肪を燃やすのに役立つコーヒーが効果的!

これを飲むことで、脂肪燃焼効果が高まり、体重が減ります。

脂肪燃焼と体重減少を高めたい人は、運動の30分前に濃いめのコーヒーを飲むと非常に効果的かもしれません。

体重1kgあたり3mgのカフェインを含む濃いめのコーヒーを、中程度の強度の活動の30分前に摂取すると、脂肪の燃焼が大きく促進されるという研究結果が出ています。

例えば、体重70kgの人が体重1kgあたり3mgのカフェインを摂取するには、1杯210mgのカフェインが必要です。

250mlのコーヒーカップには通常100mgのカフェインが含まれており、シングルショットのエスプレッソには64mgのカフェインが含まれています。

カフェインは精神作用物質で、コーヒー豆、カカオ豆、茶葉、ガラナ、コーラナッツなどに含まれる天然の覚醒剤です。

また、研究チームは、カフェインの効果は、運動を午前中に行うよりも午後に行った方がより顕著に現れることを発見しました。

カフェインは、エルゴジェニック(運動能力向上)効果があることから、スポーツのパフォーマンスや持久力の向上、脂肪の減少などを目的としたサプリメントの形で広く販売されています。

しかし、これらのサプリメントの効能を示す科学的根拠は十分ではありません。

“脂肪の酸化を促進するために、朝の空腹時に運動することが推奨されるのは当たり前のことです。

しかし、この推奨は科学的な根拠に欠けている可能性があります。”この増加が、朝に運動したことによるものなのか、それとも長時間食事をしないことによるものなのかは不明です。

この研究の目的は、カフェインが本当に運動中の脂肪酸化や脂肪燃焼を促進するかどうかを調べることでした。

成人のグループに、週に4回の運動テストを行ってもらいました。

午前8時または午後5時(有酸素運動の30分前)に3mg/kgのカフェインをランダムに摂取しなければならなかった。

本研究の結果、有酸素運動テストを行う30分前の急性カフェイン摂取は、時間帯に関係なく、運動中の最大脂肪酸化を増加させることがわかりました。

その結果、午後に急性カフェインを摂取した後に中強度の有酸素運動を行うと、午前中に比べて脂肪燃焼効果が高まることがわかりました。

トレーニングを受けたアスリートを対象とした研究では、カフェインによるエルゴジェニック効果は、夕方よりも朝の方がサイクリングのパフォーマンスにおいて顕著であることがわかった。



ピックアップ記事