恋人たちが知っておくべき10の心理学的研究

恋人たちが知っておくべき10の心理学的研究

恋愛の心理学。恋愛の脳内マップ、キスの役割、カップルが似てくる理由、関係を壊すものなど…。

“愛とは、お互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を向いて外を見ることである。

魅力を感じた最初の瞬間から一緒に年を重ねるまで、恋人たちが知っておくべき10の心理学的研究をご紹介します。

1.恋に落ちるまでの時間は5分の1秒

特別な人を見ているときに、幸福感をもたらす化学物質が脳に作用し始めるまでには、5分の1秒かかると言われています。

恋愛に関する脳画像研究では、脳の12の異なる領域が関与していることが示唆されています。

愛する人を見たり考えたりすると、これらの領域から、オキシトシン、ドーパミン、バソプレシン、アドレナリンなどの神経伝達物質のカクテルが脳全体に放出されます。

脳は、少量のコカインを摂取したときと同じように、愛から「ヒット」を得ます。

2.愛と欲望の脳内マップ

愛と性欲の神経的な違いを調べた最初の研究では、顕著な重複と明確な違いが見つかりました。

その結果、愛と性欲によって、いくつかの驚くほど類似した脳ネットワークが活性化されることがわかりました。

活性化されたのは、感情、モチベーション、高次の思考に関わる領域でした。

この愛の心理学は、性欲が単なる基本的な感情ではなく、目標に向けた動機付けや、より高度な思考の採用を含んでいることを示唆しています。

恋愛はこれらの回路の上に構築されていますが、その中でも重要な違いは線条体にあります。この脳の領域は、通常、高次機能と低次機能のバランスに関連しています。



3.キスは人を選ぶのに役立つ

キスに関する2つの新しい研究によると、セクシーであるだけでなく、キスは人がパートナーを選び、維持するのに役立つことがわかりました。

調査では、特に女性はキスを重要視していますが、より乱暴な男女は、新しい相手を試すためにキスをとても重要視しています。

しかし、キスは交際開始時だけでなく、交際を維持するためにも重要な役割を果たしています。

研究者たちは、長期的なパートナーのキスの量と関係の質の間に相関関係があることを発見しました。

この相関関係は、関係の満足度が高いことの間には見られませんでした。

4.25年一緒にいると似てくる夫婦の顔

25年間一緒に暮らしている人は、顔の特徴が似てくることがあります。

恋愛心理学に関するある研究によると、独立した観察者が判断した結果、結婚して25年が経過すると、夫婦の顔の特徴が似てくることがわかりました。

これは、食生活や環境、性格が似ているからかもしれませんし、長年に渡ってパートナーに共感してきた結果かもしれません。

5.遠距離恋愛はうまくいく

これまでの常識に反して、遠距離恋愛はうまくいくという研究結果が発表されました。

遠距離恋愛を維持するための2つの要因は、これらのカップルが

より親密な情報をお互いに伝える。
相手のことをより理想的に見ている。

その結果、遠距離恋愛をしている人は、地理的に近い人と同程度の関係満足度と安定性を持っていることが多いそうです。

ライザップなら2ヵ月で理想のカラダへ。

6.人間関係を壊す4つの要因

心理学者のジョン・ゴットマン教授は、40年以上にわたって恋愛心理学を分析してきました。

彼は、何十年にもわたってカップルを追跡し、どのような行動が相手が一緒にいられるかを予測するのか、多くの心理学的研究を行ってきました。

それは、批判を繰り返すこと、皮肉のような軽蔑の表現を多用すること、防御的になること、そしてコミュニケーションがほぼ完全に遮断されてしまう「ストン・ウォーリング」です。

7.現代の結婚生活では自己実現が求められる

新しい研究によると、結婚の様相は年々大きく変化しています。

かつては、安全性や堅実性を求めるものでしたが、今では人々は結婚生活に心理的な充足感を求めています。

これまで以上に、人々は結婚が自己実現や自己達成のための旅であることを期待しています。

残念ながら、このような要求に直面しているにもかかわらず、夫婦はこの成長を達成するために十分な時間と努力を費やしていません。

一般的に、結婚生活で自己表現や自己成長を実現したいのであれば、結婚生活に十分な時間とエネルギーを注ぐことが重要です。もし、その時間とエネルギーが利用できないことがわかっているのであれば、それに応じて期待値を調整し、失望を最小限に抑えることは理にかなっています。

8.結婚生活を救うための簡単なエクササイズ

二人の関係にちょっとした治療が必要なら、セラピーを受ける必要はないかもしれません。一緒にいくつかの映画を見るだけでも効果があるかもしれません。

新しい3年間の研究によると、人間関係をテーマにした映画を見て、その後で話し合うことで、離婚率が半分以上になったそうです。

「この結果は、夫と妻は、自分たちの関係の中で何が正しくて何が間違っているかについて、かなり良い感覚を持っていることを示唆しています。したがって、離婚率を下げるために、相手にたくさんのスキルを教える必要はないかもしれません。

自分の行動について考えてもらえればいいのです。5本の映画で3年間の効果が得られるというのは、素晴らしいことです。

9.離婚後の人間関係

離婚しても、子供がいる場合は特に、関係が終わるとは限りません。

離婚後の共同親権についての調査によると、5つの方法があり、最初の3つは比較的機能的であると考えられています。

解散した二人は、父親がいなくなる。
完璧な仲間:両親が引き続き親友である場合。
協力的な同僚:カップルが移動してもお互いに良好な関係を維持する。
怒れる仲間:離婚後も喧嘩が絶えません。
激しい敵:子供たちが戦いの駒となり、その結果、通常は苦しむことになります。

10.些細なことでも

最後に、商業化の進んだこの世界では、愛は売り買いできるものだと思われがちですが、小さなことが違いを生むこともあるということを覚えておくといいでしょう。

最近、成人4,000人以上を対象に行われた恋愛心理調査によると、単純な親切が最も喜ばれることがわかっています。

お茶を入れる、ゴミを出す、似合うと言うなど、チョコレートや花束よりもずっと効果的なのです。



ピックアップ記事