家や部屋を美しく見せるためにできる10の簡単なこと

家を美しくすることは、すべての住宅所有者の夢であり、家を改善し、美しくするために、誰でも簡単にできることがあります。

デザインの分野では、独創的なアイデアがあり、自分の家をより美しくするために何ができるかについては不足はありません。

数多くのアイデアの中から、シンプルで実用的なものを10個に絞るのは、かなり簡単なことです。

家をより魅力的で美しい場所にするためのスタートとなる10のアイデアをご紹介します。

家を美しく見せるためにできる簡単なこと

1.緑と花

時期にもよりますが、本物であれフェイクであれ、緑や花は家のどの部屋に置いても、美しさ、色、質感を加えることができます。

裏庭に花やハーブを植えている場合や、地元の雑貨店や手芸店で本物やフェイクの花や植物を豊富に扱っている場合は、それらを選んで家の中に入れると、特定の場所にぴったりの雰囲気を醸し出すことができます。

透明なガラス瓶や高級感のある花瓶、麻ひもで覆われた鉢、亜鉛メッキされたスチール製の容器などに入れて、キッチンやダイニング、リビングのテーブルトップや棚などに配置していきましょう。

2.季節を問わないリース

リースは、家の玄関や部屋の中を彩るアイテムのひとつです。季節に合わせて使い分け、変化を楽しむことができます。

スタンダードなリースは、春から夏へ、秋から冬へと簡単に変化させることができます。

リースにイニシャルやモノグラム、ウェルカムサインなどを入れ、季節の花や葉、リボンなどを使って、時期や環境、家のスタイルなどに合わせて変化させます。ここでもフェイクの花や植物を使うことができます。

3.色を取り入れる

花や植物でポップな色を取り入れたのなら、同じように壁や部屋のフォーカルポイントにペイントやカラフルなテープを貼ってみましょう。

すべての壁がニュートラルな色や白であれば、残りの壁や家具と調和するように、好きな色を散りばめてみましょう。

壁にペンキを塗ったりテープを貼ったりして色を取り入れたくない場合は、部屋の構造を強調する色の家具やアクセサリーを使いましょう。

サイドテーブル、ソファテーブルには、沿岸のブルーやさわやかなグレーを、枕には鮮やかなプリントや無地のものを使うと、部屋の印象が変わります。

4.手書きのサイン、イニシャル、印刷物、写真

ステンシルを使って、自宅でDIYした手書きのサインを作ってみましょう。無料のものも含めて、プリントのステンシルはいくらでもあります。

それらをレイアウトして台紙にトレースし、色を塗って額に入れれば、壁、棚に絵やインスピレーションを与える効果が得られます。

お気に入りの言葉や詩、引用文を、ほとんどどこにでも貼ることができます。

プリントアウトしたものは、簡単に印刷して額に入れ、さまざまなスペースに配置することができます。これもこれからのデザイン要素です。

また、何年も梱包されたままだったり、ほこりをかぶったまま放置されている家族の写真も忘れてはいけません。壁や棚に写真のグルーピングをしてみましょう。

同じ色の同じ大きさのフレームを使い、部屋や空間の中でポイントとなるようにグループ化します。月ごとに写真を入れ替えて、家族や重要なイベントを強調しましょう。

5.ラグ

ラグは部屋の印象を大きく変えるアイテムです。質感、深み、暖かさ、美しさをもたらすことができます。

また、フレーミングやアウトライン化の効果もあり、空間を際立たせることができます。

また、色も重要で、家具やアクセサリーを引き立てる色としてコーディネートし、部屋にあるものをより豊かにすることができます。

6.ヴィネット

ヴィネットとは、自分の好みやスタイルを表現するための一つの方法であり、一つのエリアに多くのアイテムを活用することができ、簡単にまとめることができます。

ヴィネットとは、テーマに沿ってアイテムを集めたものです。

テーブルの上や棚、ドレッサーなど、平らな場所に置かれたアイテムは、洗練された印象を与えます。

ヴィネットは、どんな部屋でも興味をそそり、美しさを際立たせます。ヴィネットの多くは、個人的なアイテムと他のデザイン要素を組み合わせたものです。

ヴィネットの良い例は、高さや幅、大きさが異なる3〜5個のアイテムを奇数配置でまとめたものです。

例えば、大小のキャンドルをトレイにのせて、小さなテーブルやオットマンの上に置いたものが、シンプルなヴィネットです。

7.断捨離・消去

家を美しく見せるには、飾る以外の方法もあります。

本当に家を整理して見た目を良くしたいのであれば、断捨離をして余計なものをなくすことで、さまざまな空間を楽しめるようになるのは間違いありません。

荷造り用の箱やファイル、紙くず、思い出の品などが残っている場合は、全体を見渡して収納したり、リサイクルしたり、家の中に収納場所を探したりする必要があります。

余分な装飾品や家具をなくすことで、部屋は開放的になり、自立した生活を送ることができます。

家の中の多くの場所では、良いものであっても、ただ去るか、別の場所に移すか、将来のために保管する必要のある古いものを整理する必要があります。

8.オーガニゼーションセンター

キッチンやパントリーに、家事の全体像を示すコマンドセンターを設置して、家の中を整理しましょう。

消しゴムや磁石のついたホワイトボードを使ってもいいですし、チキンワイヤーや木材を使って、さまざまな活動のための大きなカレンダーを挿入したモデルを自宅でDIYしてもいいでしょう。

他にも、テープや貼り付けられるアイテムを置くスペースを確保しましょう。

カレンダーとその周辺には、重要な任務や食料品リスト、招待状など、日々の仕事を書き留めるのに十分なスペースが必要です。

9.再利用

再利用は、お金の節約になるだけでなく、すでに所有している価値のあるアイテムを別の用途に変えたり、再利用したりすることです。

持続可能性と環境基準を促進し、家の美しさを高めることにもなります。

一例として、おばあちゃんからもらった使わなくなったティーカップを再利用することが挙げられます。

鉢植え用の土を用意して、カップの高さをそろえ、多肉植物を入れればいいのです。ティーカップを並べると、シンクの上が美しくなります。

10.模様替えをする

家具やアクセサリーの配置を変えることも、スペースを広げる方法のひとつです。閉鎖的で雑然とした印象を払拭し、すでに持っているものに新しい光を当てましょう。

スペースを視覚化したり、切り絵を使って自分でアレンジしてみたり、オンラインで数多くの無料リアレンジテンプレートを見つけて、スペースを定義したり、変更するエリアに適した構成を適用したりしてみましょう。

そうすれば、空間はより整理され、使いやすくなり、さらに魅力的なものになります。

家をより美しく見せることに関しては、アイデアは無限にあります。

デコレーションを目的としたものもあれば、ライフスタイルに合わせて空間やアイテムを整理したり、再構成したりするものもあります。

今回ご紹介した10のシンプルで簡単なことを1つまたはすべて取り入れて、家の見た目をアップさせましょう。

シンプルで簡単な方法で美しさを手に入れたことを嬉しく思うでしょう。

ピックアップ記事