難しい会話をしやすくする12の習慣とは?

自分は、何か難しいこと、気になること、不快なことについて、会話や議論を始めなければならなかったことがありますか?残念ながら、ほとんどの人が人生の中で少なくとも一度はそのような状況に置かれたことがあり、これらのタイプの繊細なシナリオを誤って扱うと、さらに重大な問題につながる可能性があります。

難しい話を処理するときには、繊細さと合理性のミックスが必要であり、多くのニュアンスや機微が、生産的で実用的な議論の成否を左右することがあります。トリックは、そのような事態を回避し、有利な結果を得るための方法を知っておくことです。ここでは、難しい会話を始め、意見の対立を防ぐための12のベストな方法をご紹介します!

難しい会話をしやすくする12の習慣とは?

1.正直で率直な意見を言う
不愉快な時、最後にしたいことは、部屋の中の象を公然と指摘することです。無視すれば治るかもしれません。しかし、それは実際には決して良い結果にはなりません。
一方で、オープンなコミュニケーション – 特に困難な会話の中で – 超役立つことができます。例えば、それはできます。

信頼と正直さを奨励する。
成熟した相互作用を促進する
肯定的でやりがいのある人間関係を作る
とはいえ、個人や文化の違いにも敏感であることが不可欠です。例えば、時にはそれが許容されることもあります。

対立するのではなく、前後の会話をする。
時間をかけて、お互いの意見が一致していることを確認しましょう。
困難な議論をするために、双方が精神的に準備ができているかどうかを確認します。

2.相手の立場を考える
私たちの最善の努力とは裏腹に、私たちが特に敏感に感じていることが必ずあるでしょう。そこから結論に飛びつき、自分の考えと一緒に恐怖心が飛び立つのは簡単なことかもしれません。

しかし、自分が膝の突発的な反応で行動する前に、次のような質問を考えてみてください。

自分は何かの方法でそれらを誤解していませんか?
相手はどこから来ているのか?
相手の過去の経験がどのように影響しているのか?
相手は今、自分の人生の中で何か他のことに影響を受けているのだろうか?
相手を傷つけたり、怒らせたりするようなことを言っていませんでしたか?

それは自分のニーズや感情を優先するのは良いことですが、それはまた、自分が同様に考慮して相手の問題や欲望を取ることが不可欠です。そうして初めて、純粋に皆の懸念に応える結論を出すことができます。

3.好かれること
好かれることは、対立を避け、困難な会話に対処しようとするときに重要な側面ではないでしょうか?意外なことに、それはありません。代わりに、重要なのは、より多くのことです。

オープンな心と態度を持っている
相手から学ぶことに興味を持つ
相互理解と尊重を重視
好かれることは会話の中ではプラスになりますが、そもそも話を聞いていない、サポートしていないと感じた時に相手に好かれるのは難しいかもしれません!?

4.事実に焦点を当てる
自分のフラストレーションや怒りを相手に感じさせ、理解させようとすると、自分の気分が良くなるかもしれませんが、生産的ではありません – 双方が困難な問題を解決しようとする場合は特にそうです。特に、双方が困難な問題を解決しようとしている場合はそうです。

呼吸をして落ち着くためにいくつかの時間を取る
何が起こったかを考え、できるだけ事実に基づいて書き出す
自分がどのような役割を果たしたか、それがどのように状況に悪影響を与えたかを考える
同じパターンを繰り返さないように計画を立てる
こうすることで、自分の感情を曇らせたり、起こったことを歪ませたりせず、不必要な言動や行動に責任を持つことができます。

5.自分が話すよりももっと聞く
自分は、困難な対立のために自分自身を準備しているように感じるかもしれませんが、継続的に何を言おうとしているのかを考えたり、計画したりすることは、あまり役に立ちません。それどころか、相手の言うことを聞かずに終わってしまうことが多いのです。

実際には、長時間の台本準備は必要ありません。自分がしなければならないことは

中立的で支持的な文や質問にこだわる
気配りをして相手の話を聞く。
できるだけ多くの情報を集める
ボディランゲージ、行動、その他の様々な合図に注意を払う。
説明や説明を求めましょう。
自分がそれらを正しく理解しているかどうかを確認するために振り返る。
ミラーリングやエコーは、相手に話を聞いていると感じさせるためには、かなりの道のりを歩むことができます。確かに、それは自分に相手がから来ている場所を見るチャンスを与えます。最高のケースシナリオは、相手が必要とするすべては、自分が純粋にそれらに耳を傾けるためのものです – 他の紛争解決は必要ありません

6.行動ではなく、人格に焦点を当てる
行動と性格を混同することは非常に簡単です。しかし、これは、相手を防御的にさせ、おそらく正当に – 侮辱されている – 情報を得ていない判断につながる可能性があります。

より生産的なことを行うには、次のようになります。

相手の行動や行動に焦点を当てるのではなく、相手の人となりに焦点を当てる。
適切で適切な証拠があることを確認し、それに従うこと。

発言にフィルターをかけて、自分の感情とその行動を分けておきましょう。例えば、”自分がXを言うのを聞いて、私はYを感じた “とか。
自分自身と自分がどのように物事を解釈したかに焦点を当てることで、相手は自分の行動が他の人にどのように伝わったかを理解することができます。同時に、事実に基づいた生産性の高い表現ができるようになります。

7.遅れるな
荒れた対立から立ち直るために休憩を取ることは何も悪いことではありません。しかし、それを避けようとしたり、それを軽視したりすることは、物事を煮詰めるだけで、次に沸騰したときにははるかに危険なことになります。

それは多くの場合、問題に直面し、すぐに対処するか、または後で解決するための時間と場所をスケジュールし、その日に固執する方がはるかに健康的です。必要に応じて、一般的な概要、自分の意図、および自分の望ましい結果を計画します。ただ、それはもはや関連性があると思われなくなるまで、それをドラッグさせてはいけません。自分の両方の間にあるその暗黙の亀裂は、唯一の欲求不満と恨みのための繁殖地である可能性があります。

8.それをサンドウィッチ
爆発を起こすことなく、この不安定な話題をどうやって切り開くかを心配していますか?敏感な誰かを傷つける可能性があることに起因する不安で完全に圧倒されていますか?悪いニュースサンドイッチ」のレイアウトを考えてみてください。このレイアウトは以下のように構成されています。

肯定的な賛辞や賞賛
実際に取り組みたいテーマ
もっとポジティブな褒め言葉や肯定感を
これにより、会話を始めるのがより快適になり、最後には両当事者がより高揚したままになることが保証されます – たとえそれが対処するのが難しいものであったとしても。

9.必要に応じて休憩を取る
もしかしたら、それは努力不足ではないかもしれませんが、自分はなぜかまだ相手との行き詰まりを見つけます。そんなときは、次のようなことを試してみる必要があると認識してください。

相手が冷静になってから、別の時間に戻ってきて、議論にもっと受容的であることを認識する必要があります。
10分程度の休憩をとって呼吸を整え、セルフケアを行う
別の日に会議の予定を変更して、自分は休んで、再び試すことができます。
そうは言っても、自分が頑張った時を見極めて前に進むことが肝心です。返事を拒否する人もいますし、イライラしてもどうしようもありません。

10.恐怖心を手放す
親密さと脆弱さがあれば、傷つく機会もある。それは当然のことですが、そこから様々な恐怖が生まれるのです。

– 他の人を傷つけることの恐怖
すべての会話は双方向です。たとえそれが結果として相手の感情を傷つけるかもしれないと感じたとしても、それが自分のニーズや感情を無視することを犠牲にして来ないことを確認することが不可欠です。

– 拒絶される恐怖
同僚や愛する人による拒絶は厄介なものであり、自分はすべてのコストで紛争や対立を避けてしまうかもしれません。自分の気持ちが化膿させるには、しかし、唯一の物事を悪化させます。それよりも、相手と向き合い、自分の気持ちを表現する方が健康的です。

– 過去のトラウマに関連する恐怖
たぶん、これは自分の最初のロデオではありませんし、自分はより多くの傷と自分の口の中で苦い味と過去の経験から離れて歩いてきました。このような場合には、自分の優先順位は、まず最初にそれらの過去の傷から解決し、癒す方法を学ぶべきである。そうして初めて、将来の状況でも本当に前に進み始めることができるのです。

これらの恐怖の多くは理解できると有効なソースを持っていますが、それは相手が紛争の対立と解決の方法で取得しないことを確認することが不可欠です。自分は、自分が関係を維持し、他の人を保護していると思うかもしれません。それでも、非常に頻繁に、これらの恐怖に起因する不健康な行動は、長期的には誰もがより多くの痛みと傷を与える。

11.ステートメントを使う
誰かを責めるのは最後のつもりかもしれませんが、気をつけないと言葉に裏切られてしまうかもしれません。そのため、誰かを責めることなく、話し合いや表現に集中するために「私」の文を活用する必要があります。

例としては、以下のようなものがあります。

“Xが起きたとき、私はYを感じ、Yを思うのはなぜかというと”
“私はXを感じた/考えた時”
“私はXだと思っていたのは”

12. ポジティブシンキングを保つ
困難な会話に対処するとき、ポジティブシンキングは自分の武器になります。物事が行き詰っているように見える時に、前向きに物事を進めようとするモチベーションを保つことができます。例えば、ポジティブシンキングには次のような効果があります。

目標に向かって努力するための目標を与える
自分の士気を高く保つ
ポジティブと成長の機会を探すものにマインドセットをシフトする
困難な議論の際に、より強い耐性を身につけることができます。
緊張が高まったときに冷静さを保つのに役立ちます

その結果、困難な会話や対立を、より良いコミュニケーションの取り方を学び、そうでなければ見えないまま化膿してしまうかもしれない問題を解決するためのチャンスとして捉えようとする傾向が強くなります。これは、そうでなければネガティブな状況になっていたものを、生産的でポジティブなものに変えることができます。

難しい会話を始め、意見の対立を避けるための最良の方法についての考え
人生の現実は、自分が望んでいるかどうかにかかわらず、難しい会話が起こるようなものです。
それらの会話を管理し、ポジティブシンキングと共感を持って、生産的に会話をすることを学ぶことが最善の方法です。

もちろん、これは時間をかけて学ぶ必要があるスキルであり、意見の対立を避けることは時に不可能なこともあります。関係なく、状況に関係なく、自分は自分が生産的で効果的な、そして心のこもった議論を開始するために自分ができる最善を尽くしたことを確信したいと思います。

ピックアップ記事