なぜ子どもは早く寝るべきなのか?

脳の発達には十分な休息が必要なので、子どもは早く寝るべきです。

なぜ子どもは早く寝るべきなのか?

お昼寝や早寝の時間。この2つは、家庭内の子どもたちにとって、最も嫌な瞬間です。子供を寝かしつけなければならないときの緊張感は、誰もが知っているはずです。

毎日、一日中遊んでいたいと思わない子供はいないでしょう。しかし、良い休息は昼間の遊びと同じくらい重要であり、これはすべての年齢層に当てはまります。

睡眠中にはエネルギーが補充され、脳が発達や学習のためのさまざまな基本プロセスを実行することができます。だからこそ、子どもたちが早く寝て、適切な時間休むことが大切なのです。

なぜ子どもの早寝がいいの?

しっかりと休息をとり、質の高い睡眠をとることは、私たちの健康と子どもたちの健康を守るための基本的な目的です。次に、夜、私たちが休んでいる間に何が起こっているのかを説明します。

脳は休息し、エネルギーを補充します。
昼間の学習が定着し、記憶力、推理力、注意力・集中力が強化されます。
免疫系が強化される。
感情や気分が改善される。
成長を保証するために必要なホルモンの変化が生じ、血圧の調節など、ホメオスタシス(体の内部バランス)を促進するメカニズムが働く。
雲の中に浮かんでいるベッドで眠る少女。

興味があるかもしれませんね。子供の寝かしつけを遅くすると結果が出る

子供を早く寝かせるためのポイント

これまで見てきたように、良質な休息がもたらすメリットは数多くあります。そこで、睡眠衛生を改善するために、家庭での習慣を見直すことが大切です。

1. 睡眠時間を子どもの年齢に合わせる

まず最初に、睡眠は人生の中で変化する成熟の側面であることを念頭に置く必要があります。この意味で、休息の必要性は段階ごとに異なり、適切な介入を行うためには、それぞれの特徴を知る必要があります。

例えば、2歳頃になると夜驚症が現れ、これが原因で子どもが寝ることに同意するのが難しくなります。また、この現象は、前月に比べて夜間の目覚めが増加することを正当化している可能性があります。

上記に加えて、子どもの年齢に応じて1日の休息時間を一定に確保することを推奨しています。

4ヵ月から12ヵ月まで 12~16時間
1歳から2歳 11~14時間
3歳から5歳 10~13時間
6~12歳 9~12時間
13歳から18歳まで 8時間から10時間

2. 眠る前に快適な環境を提供するようにする

就寝時間がしばしば面倒になる場合は、その瞬間を予期して静かなルーティンを提案することができます。

例えば、熱いお風呂に入る、ベッドに物を持っていく、短い物語を読む、何か愛撫をするなど、リラックスできる儀式を取り入れます。そうすることで、この移行作業をより楽しく行うことができます。

また、眠ることに慣れ親しむために、快適な環境を整えることも大切です。薄暗い照明、穏やかな気候、柔らかな音、そしてスクリーンを使わないことです。

3. 夜への不安を和らげる

子どもたちが寝る時間を拒否する理由はさまざまです。恐怖心からの場合もあれば、集中していることを続けなければならない場合もあります。いずれにしても、不安が生じることは入眠の妨げになります。

次の日の予定を一緒に考え、それを実現するための休息と充電を促してあげるのが良い提案だと思います。

最後に、安全な環境を作り、誤解を与えないようにすることも大切です。子どもが目を覚ますと、見捨てられたと感じて夜の不安が増す可能性があるので、子どもが寝入ったときに家を出るのは避けたほうがいいでしょう。

普遍的な法則はありませんが、適切なケアに関しては例外です
ほとんどの家庭では、就寝時には何らかの困難が伴います。子どもを早く寝かせることは、理想的な夢のように思えるかもしれません。

この目標を達成するための推奨事項は何千もありますが、絶対にうまくいくレシピはありません。自分の現実にできるだけ合わせることが大切なのです。

避けなければならないのは、子どもを寝かせるために泣き叫ばせるという傾向です。このような方法は、一見効果があるように見えますが、子供たちに多くの苦痛を与え、最も必要なときに愛着のある人物に頼ることができないという考えを強めてしまいます。

最後に、子育てに関する家族の決定は、子どもを尊重し、大切にする立場からなされるべきであることを心に留めておく必要があります。

ピックアップ記事