髭剃りで顔の赤み、肌の炎症を止める効果的な方法とは?カミソリ負けしないテクニック!

ひげ剃りをすると、カミソリ負けやこぶの原因になったり、顔が赤くなるだけで肌が炎症を起こしたりします。赤みは、皮膚のかゆみや剥がれ落ちた皮膚と一緒に痛みを伴うことがあります。ひげ剃りによる顔の赤みを防ぐためには、適切に肌を整え、正しいひげ剃りテクニックを使用し、ひげ剃り後のお肌のお手入れをしましょう。何よりも、ひげ剃りで顔が赤く炎症を起こしている場合は、再びひげ剃りをする前に、数日で治るようにしましょう。

ステップ1
顔を剃る前にシャワーを浴びることで、顔の毛や肌を柔らかくしましょう。お湯の熱で毛根が緩み、毛が抜けやすくなり、炎症や赤みを抑えることができます。

ステップ2
ひげ剃りジェルやクリームは、低刺激性で、香料が添加されていないものを選びましょう。ひげ剃りジェルやクリームに含まれる刺激の強い成分は、髭剃りの際に赤みの原因になります。敏感肌用の製品や、サリチル酸やグリコール酸が配合されているものを探しましょう。

ステップ3
顔を剃るたびに、清潔で鋭利なカミソリを使いましょう。鈍いカミソリは肌を刺激し、赤みやこぶを引き起こす可能性が高くなります。カミソリを肌の上で動かすときは、軽い力で剃るようにしましょう。肌への刺激を防ぐために、毛の生えている方向に剃るようにしましょう。

ステップ4
ひげ剃り後に冷たい水で顔を洗い流し、毛穴を閉じます。顔を洗い流して乾燥させた後、すぐに保湿効果のあるアフターシェーブを塗布して、潤いを取り戻しましょう。これらの成分が原因または刺激を増加させる可能性があるため、メントールやアルコールが含まれているアフターシェーブ製品を使用しないでください。

ピックアップ記事