ダイエットで体重減少効果につながるビタミンとは?

世界の人口の約半分がこのビタミンを欠いていると言われています。

最近の研究では、ビタミンDを補給することで、体重減少が促進される可能性が示唆されています。

サプリメントの摂取は、体重減少、体脂肪の減少、コレステロール値の改善につながるという。

世界の人口の約半分は、ビタミンDが不足しています。

ビタミンDが有益な効果を発揮する理由の1つは、神経伝達物質であるセロトニンとの関係にあると考えられます。

セロトニンは、睡眠や気分に影響を与えます。

また、高濃度のビタミンDは、脂肪の蓄積を抑制する可能性があります。

逆に、ビタミンDが少ないと、脂肪が蓄積されやすくなります。

ビタミンDを多く含む食品には、脂身の多い魚や卵などがありますが、ほとんどの人は、太陽光を皮膚に当てることでビタミンDを摂取しています。

今回の研究では、肥満の若者を1年間にわたって追跡調査しました。

そのうち半数の人には、ビタミンDのサプリメントを与えました。

6週間は高濃度のビタミンDを摂取し、残りの期間は低濃度の維持量を摂取しました。

一般的な成人のビタミンD補給量は、1日あたり約10マイクログラムと言われています。

その結果、ビタミンDの補給を受けた人は、1年後には体脂肪が減少し、コレステロールが低下し、肥満度も低下していました。

これらの知見は、簡単なビタミンDの補給が、太りすぎや肥満の子供が後に深刻な心臓や代謝の合併症を発症するリスクを低減する可能性を示唆しています。

これらの初期の知見は、ビタミンDが肥満の治療に利用できる可能性を示していますが、特にビタミンDの欠乏がない場合の補給の安全性と長期的な効果については、まだ証拠が不足しています。

しかし、お子さんが太りすぎや肥満の場合は、主治医に相談してアドバイスを受け、ビタミンD濃度の検査を受けることを検討することをおすすめします。



ピックアップ記事