シミを防ぐための12のスキンケアポイント

誰もが自分の肌にシミがあることを望んでいませんが、自分ではどうすることもできないこともあります。

しかし、シミを防ぐためにできることはありますし、すでにできてしまったシミを目立たなくすることもできます。シミはすべて同じではありませんので、自分がどのような状態にあるのかを知ることが大切です。

シミとは、肌にできたシミやマーク、欠点のことです。肌の欠点には、ニキビや丘疹、加齢によるシミなど、さまざまな種類があります。それぞれの種類の原因は異なりますが、中には同じような原因やきっかけを持つものもあります。

シミの中には、ウイルスや感染症、薬、遺伝などが原因となるものがあります。その他、日焼け、加齢、毛穴の詰まり、飲食物などが原因となることもあります。大切なのは、自分がどのタイプのシミを持っているかを見極め、それを防ぐ方法を見つけることです。

シミの種類

どんなタイプの吹き出物であっても、できることはあります。以下に説明するヒントは、シミを防ぐための実用的な方法です。また、ほとんどの方法は、現在ある欠点を軽減するのに役立ちます。

ニキビ

ニキビは、最も一般的な肌の欠点のひとつで、多くの人が悩んでいます。ニキビ、黒ずみ、白髪はすべてニキビとみなされ、それらが一度に現れることもあります。ニキビは、皮脂や細菌、汚れなどが毛根に詰まることで発生します。

また、妊娠などによるホルモンの変化や、薬の服用などが原因でニキビができることもあります。また、ストレスを感じると皮脂の分泌が多くなり、ニキビが悪化します。

丘疹

丘疹はシミの一種ですが、大きさや色はケースによって異なります。水疱瘡、湿疹、乾癬、帯状疱疹、皮膚炎などと同様に、ニキビを丘疹と呼ぶこともあります。

結節(けっせつ)

結節は、丘疹よりも大きくて硬く、組織が集まってできています。色はさまざまで、体のどこにでもできる可能性があります。結節の例としては、スキンタグやイボがあります。

エイジスポット

老人斑は、定期的に太陽にさらされた肌にできる小さくて暗い斑点です。丘疹や結節の原因にはなりませんが、皮膚の変色の原因になります。

老人斑は、50歳以上の人に多く見られますが、若い人にも見られることがあります。日焼け止めを塗らずに太陽の下にいることが多いほど、このシミができるのが早くなる可能性があります。

巻き毛

信じられないかもしれませんが、巻き毛が肌荒れの原因になることがあります。巻き毛は、毛抜き、ワックス、髭剃りなどで発生します。巻き毛は、液体の入った大きな嚢胞の原因となり、色はさまざまで、痛みを伴います。

嚢胞

嚢胞は皮膚の下に現れ、大きさは様々です。嚢胞は液体で満たされており、通常は無害ですが、十分に大きい場合は不快感や痛みを伴い、見苦しいものとなります。嚢胞の種類には、表皮嚢胞、ガングリオン嚢胞、脂腺嚢胞などがあります。

傷跡

あらゆる種類の傷は、シミとみなされますが、防ぐことができます。傷は、ニキビを開けたり、吹き出物をつまんだりして、皮膚の真皮層が損傷を受けたときにできます。真皮層には、血管、汗腺、毛根、神経などがあります。

皮膚の変色

皮膚の変色はすべてシミです。肌の色が不均一になったり、肌に暗い斑点ができたりします。変色は一般的に、体がメラニンを過剰に生成したときに起こります。メラニンが過剰に生成される例としては、以下のようなものがあります。

過剰な日光浴

日光浴時に日焼け止めを使用しない
ニキビ跡
ホルモンの変化
シミを防ぐためのスキンケアのポイント

ここでは、自宅で試せる実用的なものをご紹介します。



1.市販のニキビ治療薬を試す

ニキビができやすい人は、多くの市販製品が吹き出物の予防と軽減に役立ちます。これらの製品は、白髪、黒髪、吹き出物に効果があります。人によって効き目が違うので、いくつかの製品を試してみて、お気に入りのものを見つけてください。

多くのオールナチュラル製品が、店舗やオンラインで販売されています。沢山の選択肢があるので、誰にでも合うものがあるということです。

2.ストレスに対処するための前向きな方法を見つける

ストレスを感じると、体は油分を増やすホルモンを過剰に分泌します。油分の過剰分泌は肌荒れを悪化させ、吹き出物の原因にもなります。自分のストレスレベルを減少させるのに役立つ何かを見つけると、自分の肌が改善されるのがすぐにわかるでしょう。

3.モイスチャライザーを使う

肌の欠点を防ぎたいなら、肌の水分を保つことが不可欠です。そのためにはモイスチャライザーが最適ですが、オイルや香料が含まれていないものを選ぶようにしましょう。顔を洗うたびにモイスチャライザーを使うのはもちろん、肌が乾燥していると感じたときにも使ってみましょう。

4.ウィッチヘーゼルを試す

この自然療法は、炎症を抑え、ニキビの軽減と予防に役立ちます。ウィッチヘーゼルは多くの店で買うことができますし、洗顔料にもこの成分が含まれているものがあります。

5.たくさんの水を飲む

脱水状態になると、体内の油分が過剰に分泌され、吹き出物ができやすくなります。脱水状態は、肌の炎症や赤みの原因にもなります。この問題を防ぐには、十分な量の水を飲んで水分補給をしましょう。

1日に少なくとも多くの水を飲む必要がありますが、もっと必要な場合もあります。運動したり、激しい動きをしたりする場合は、それ以上の量を飲む必要があります。



6.日焼けから肌を守る

日焼けは、深刻な肌トラブルや様々な肌の欠点の原因となります。外出するときはいつでも、特に太陽の下にいることがわかっている場合は、日焼け止めを使用することが不可欠です。帽子やサングラスをかけるのも効果的です。

日焼けは肌を乾燥させ、肌の乾燥は肌荒れの原因にもなることを忘れないでください。毛穴に余分な油分が溜まらないように、オイルフリーの日焼け止めを選びましょう。多くの顔用モイスチャライザーにはSPFが含まれていますが、長時間太陽の下で過ごすには十分ではありません。

7.メイクアップをお休みしましょう

化粧は毛穴を詰まらせ、吹き出物の原因になります。できれば、化粧をしないようにしましょう。また、シミの上に化粧をすると、シミが悪化することもあります。

どうしても化粧をしなければならない場合は、お気に入りのブランドの成分に注意しましょう。油分の多いものは避け、ファンデーションも濃いものは使わないようにしましょう。

8.食生活を見直す

意外と知られていませんが、食生活は肌の健康に影響を与えます。吹き出物ができたときには、その前の数日間に何を食べていたかを考えてみましょう。
食べ物の中には、肌荒れを誘発するものがあり、それは人によって異なります。一般的には、ジャンクフードが吹き出物の引き金になりますが、乳製品が問題になる人もいます。ビタミンCとEは健康な肌を保つのに役立つので、たくさん摂取するようにしましょう。

9.手を顔に近づけない

頻繁に洗っていても、手には細菌や皮脂、バクテリアが付着しています。顔を触ると、それらの嫌なものが肌に移って毛穴に入ってしまいます。

もちろん、顔を触ることもあるでしょうが、できるだけ制限しましょう。手もこまめに洗うようにして、蓄積される量を減らしましょう。

10.衛生的な生活をする

吹き出物の原因となる過剰な油分を減らし、予防するためには、衛生管理を徹底する必要があります。顔、体、髪を定期的に洗うことが何よりも効果的です。しかし、洗いすぎは肌荒れを悪化させますので、注意しましょう。

1日2回の洗顔を心がけ、以下の手順で洗うようにしましょう。

ぬるま湯で顔を濡らす
洗顔料を指先でやさしくなじませる。
洗顔料を完全に洗い流す
肌の水分を拭き取る。

11. 吹き出物を作らない

シミをつまんだり、ニキビを弾いたりしたくなるかもしれませんが、その誘惑に負けてはいけません。出血したり、顔に傷をつけたりするのは避けたいものです。さらに、肌の傷をつまんだり弾いたりすると、感染症や炎症、毛穴の詰まりの原因にもなります。

12. ティーツリーオイルを使う

ティーツリーオイルを2、3滴、肌のキズに塗ると、キズが目立たなくなります。さらに、新しい欠陥が現れるのを防ぎながら、より早い治癒を促すことができます。毎日の洗顔料にティーツリーオイルを入れてもいいでしょう。

最後に、シミを防ぐための実用的なスキンケア方法をご紹介します。
スキンケアは継続するのが難しいものですが、一貫性と決意があれば、そこにたどり着くことができます。いつの間にか、ここで学んだことが自分の習慣になっているはずです。そうなれば、スキンケアをすることが大変なことではなくなります。

シミができやすい人は、自分に合ったスキンケア方法を見つけてください。ここでご紹介した方法は、今あるシミをきれいにし、さらにシミができないようにするのに役立ちます。ただし、スキンケアのやりすぎは、かえって問題を悪化させることもありますのでご注意ください。

シミがきれいになって、さらに増える心配がなくなれば、気持ちも楽になります。自信が持てるようになれば、肌荒れを防ぐために努力する価値は十分にあると思います。



ピックアップ記事