ニキビ跡の原因となる7つの習慣と対処方法

ニキビ跡とは、ニキビが原因でできた、顔に残る傷のことです。

ニキビ跡は誰もが経験したくないものなので、その原因となる習慣を知ることは必要不可欠です。

さらに、代わりに何をすべきかを知ることは、問題をコントロールするのに役立ちます。

ニキビを治したいと思っていても、その方法の多くが問題を悪化させている可能性があることを知っておいてください。ニキビを悪化させ、適切な治療を行わないと、恐ろしいニキビ痕ができてしまいます。

これ以上ニキビ跡を残さないためには、悪いスキンケアの習慣を断ち切らなければなりません。

ニキビは多くの人が悩んでいる問題ですから、多くの研究が行われています。皮膚科医は、ニキビ跡を作る原因と、それを防ぐ方法を明らかにしています。

しかし、そのアドバイスに従うかどうかは、自分次第です。

アドバイスの多くは、簡単に実行できるものばかりです。自分の悪い癖を直すのは難しいかもしれませんが、「ニキビ跡を残したくない」という気持ちを忘れなければ、それが可能になるのです。
ニキビ跡とは?
ニキビ跡とは、ニキビに関連して肌が深い傷を負ったときにできるものです。ニキビ跡は、皮膚がへこんだり、皮膚が盛り上がったりして現れますが、他の部分と同じようにはなりません。

ニキビ跡は、他の傷跡のように時間をかけて改善することはあまりなく、永久に残るものです。

ニキビができると、体は自然に治そうとします。ニキビが破裂すると、中の液体が他の皮膚と接触し、炎症や刺激を引き起こします。皮膚は赤くなり、触ると柔らかくなります。

このような状態になると、体はコラーゲン繊維を生成して治癒プロセスを続けます。

コラーゲンの量が足りなかったり、多すぎたりすると、傷ができてしまいます。最適な量のコラーゲンが生成されて初めて、治癒後の肌に傷跡が残らないのです。

すべてのニキビが傷跡になりやすいわけではないので、安心していいかもしれませんが。いずれにしても、ニキビ跡が残らないように予防することが一番です。

瘢痕化しやすいニキビは、炎症性ニキビで、皮膚の下に深い嚢胞や結節ができます。どのようなニキビであっても、以下のような習慣があれば、瘢痕化する可能性があります。

瘢痕化するニキビの原因となる7つの習慣

肌の傷跡を防ぎたいのであれば、これらのことはしないでください。

1. 毛穴をつぶして黒ずみを取る

毛穴の黒ずみは誰もが嫌がりますし、特に目立ちます。しかし、毛穴を絞りたいという衝動に駆られてはいけません。

なぜなら、それは永久的な傷跡の原因になるからです。毛穴を圧迫すると、毛穴が大きくなったり、完全に傷ついたりします。

毛穴を圧迫したり、ブラックヘッドを除去したりすることで毛穴が破裂すると、バクテリアは皮膚の深い層に入り込みます。深い層に入ってしまうと、炎症反応が起こり、傷ができてしまいます。

さらに、ブラックヘッドを除去すると、新たなバクテリアが毛穴に入り込む危険性もあります。

2. ニキビに過剰な刺激を与える

ニキビをなくすためには何をしてもいいと思っているかもしれませんが、ニキビに過剰な刺激を与えるのはNGです。

市販のニキビ治療薬の中には、肌に刺激を与えるものもありますし、家庭でできる治療法にも刺激を与えるものが多くあります。

市販のニキビ治療薬の中には、肌に刺激を与えるものがあります。誤った製品を顔につけることで、症状が悪化したり、傷跡が残ったりする可能性があります。

また、毛穴が自然に油分を放出するのを妨げ、バクテリアを閉じ込めてしまうことにもなりかねません。

また、アルコールを含む化粧品や治療薬は、肌を刺激する可能性があります。アルコールは肌を乾燥させ、ニキビを悪化させ、他の症状を引き起こしやすくします。レモンが入っているものも要注意です。

何から始めればよいかわからない場合は、皮膚科医にどの成分が安全なのか聞いてみるとよいでしょう。安全で効果的な天然素材の治療法を教えてくれるかもしれません。

3. ニキビを潰す

ニキビを絞りたい気持ちはわかりますが、ニキビを弾くと問題が悪化し、傷跡が残る原因になります。

ニキビを弾くと、その周りの皮膚が炎症を起こし、感染の危険性があります。そうなると、瘢痕化してしまいます。

さらに、ニキビから出てきた液体が他の毛穴に入り込み、さらにニキビができてしまうこともあります。また、ニキビを圧迫すると、細菌がさらに皮膚の中に移動し、悪化してしまいます。

ニキビをつぶすことで、手から新たな細菌が侵入する可能性があることを覚えておいてください。

4. ニキビをすぐに治さない

ニキビを無視して放っておくと治るという話を聞くことがあります。瘢痕化を防ぐためには、ニキビの治療が必要です。

ニキビを放っておくと、皮膚の表面近くにある毛細血管が永久的に拡張してしまいます。拡張してしまうと、顔に消えない傷や赤い跡ができてしまいます。

5. ニキビの上に化粧をしすぎる

ニキビがあると、自分でも気になります。メイクで隠すのが一番簡単なように見えますが、問題を悪化させてしまいます。
ニキビ跡の原因となる習慣とその対処法について
ニキビがあれば、少なくともいくつかの瘢痕ができる可能性があります。しかし、ニキビ跡の原因となる悪い習慣を避けることで、ダメージを最小限に抑えることができます。今回ご紹介した方法を実践して、きれいな肌を手に入れましょう。

ニキビ跡は誰もが望むものではありませんが、どこにでもあるものだということを忘れないでください。ニキビ跡があっても気にする必要はありません。

なぜなら、再発のリスクを最小限に抑える方法を知っているからです。起こってしまったことは変えられませんが、今していることは変えられます。

ある人には効果があっても、別の人には効果がないかもしれないことを覚えておいてください。

肌の状態は人それぞれですから、自分に合った方法が見つかるまで、いろいろな方法を試してみる必要があるかもしれません。習慣を変えていくことで、肌の状態はどんどん良くなっていくでしょう。


ピックアップ記事