目の下の膨らみの原因となる7つの習慣とは?

自分は目の腫れに悩んでいますか?年齢を重ねるにつれて、決して珍しいことではありません。この部分の炎症の度合いは、遺伝、ストレス、目の疲れ、そして肌の性質などによって異なります。

目の下にキュウリを置いて腫れを取ろうとしている人や、痔のクリームを使って腫れを取ろうとしている人もいますよね。しかし、そんな大げさなことをしなくても、むくみの根本的な原因を突き止めて解決すればいいのです。キュウリのスライスが効果的な場合もあれば、この野菜を使っても目袋には何の効果もない場合もあります。

目の腫れの原因は?

目のふくらみ

体に過剰な腫れがある場合、それは浮腫と呼ばれます。浮腫とは、医学用語で、皮膚の組織を取り囲む液体の集まりを意味します。目の周りの皮膚はもともと薄いので、腫れだけでなく黒く変色しやすいのです。

なぜこの部分に液体が溜まるのか、不思議に思われるでしょう。炎症の原因はいくつかありますが、目の腫れの多くは、自分の悪い習慣と関係しています。自分が目袋の原因になっていると考えるのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、ここではいくつかの問題を引き起こしている可能性のあるものをご紹介します。

悪い習慣1:塩分の摂りすぎ
まず、塩分の摂取量を調べてみましょう。塩分は自動的に体液を溜め込む原因となり、目や心臓には良くありません。1日に2,300ミリグラム以下の塩分を摂取することが推奨されています。

では、さらに理解していただくために、これを分解してみましょう。近所のスーパーで売っている定番のトマトスープ缶には、1,150ミリグラム以上も含まれています。すごいですね。1缶のスープを食べるだけで、1日の摂取量の約半分を摂取していることになります。さらに、クラッカーを加えた場合も考慮しなくてはなりません。

– 対処法:ナトリウム制限のある食事をする
高血圧などで浮腫みやすい人は、特に塩分の摂取量を把握することが不可欠です。想像以上に多くのナトリウムを摂取している可能性があり、それが目の腫れの大きな原因となっています。塩分の摂取量を減らしたり、塩分の代わりになるものを使ったりすることで、体全体の調子を整えることができます。

悪い習慣2:十分な水を飲まない
体が脱水状態になると、目が腫れるというのは、奇妙に聞こえます。実は、目の周囲の組織には神経がたくさんあり、体が苦しいときにこの部分が刺激されるのです。目はシステムの重要な部分であるため、体の水分が不足するとこの部分が水分を保持します。

目袋や目のふくらみとして見えますが、それは深刻な問題の重大な兆候です。普段から十分な量の水を飲んでいないと、継続的な問題になりかねません。

– 解決策:水の摂取量を増やす
自分の体重に応じた推奨量の水を飲む必要があります。1日5杯の水が必要です。自分の体重に応じて、適切な量の水を摂取する必要があります。

悪い習慣その3:睡眠不足
睡眠不足に陥っていませんか?睡眠不足になると、翌朝、目を見ただけですぐにわかります。翌朝、目を見ればわかるのですが、目の周りが黒ずんでいて、腫れぼったくなっています。睡眠不足で目がこのような状態になるのはなぜでしょうか?

体は、十分に眠っていないときに、目の周りに液体と血液を蓄えます。目は、涙のために一定量の液体を蓄えています。まばたきをすると、目は液体をリフレッシュして、ドライアイにならないようにしています。

睡眠不足になると、目はまばたきの回数が減り、ドライアイになります。目に栄養を与えるために、十分な液体を保持するためにあらゆることを行います。

– 対処法:しっかり休む
簡単な対処法は、毎晩6〜8時間以上の休息をとることです。十分な睡眠がとれない場合は、メラトニンのようなハーブのサプリメントを使うと、より早く眠りにつき、より長く眠ることができます。



悪い習慣その4:夜にメイクを洗い流さない
一日の終わりには、メイクアップ製品を落とすのを忘れがちです。残念なことに、メイクは目の下の柔らかい組織を刺激し、朝の目の腫れの原因になります。

– 対処法:夜の洗顔
寝る前の歯磨きの際に、顔を洗うことを習慣にしましょう。たった数分で顔をきれいにすることができ、翌日の目の炎症も軽減されます。

悪い習慣5:お酒を頻繁に飲む
アルコールは、常に適度に楽しむべきものです。これらの飲料を定期的に摂取すると、目の腫れを引き起こす原因となります。なぜアルコールが体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

アルコールは液体ですが、体を脱水させ、細胞に必要な水分を奪います。定期的に摂取していると、目の下の皮膚が水分不足で炎症を起こす原因となります。

– どうすればいいですか?アルコール飲料を控える
アルコール飲料を飲む回数を減らすか、特別な日に楽しむものにしましょう。これらの飲み物は高カロリーで体重を増加させることでも知られていますので、適度に利用することが肝要です。

悪い習慣その6:タバコの使用
タバコを吸うことが体にとってどれほど危険かは、すでにご存じでしょう。タバコに含まれる毒素は、肌の弾力性を失わせるため、肌がたるみ、目の腫れなどが生じます。

また、タバコに含まれるニコチンは、体を刺激して睡眠不足を引き起こし、目の周りの腫れの原因になります。

– 対策:タバコをやめる
タバコは肌だけでなく、目の周りの組織にもダメージを与えます。煙に含まれる有毒な化学物質を吸い込むことは、純粋な毒を体に入れることになります。タバコを吸っていると、肌だけでなく、口腔がんや肺がんなどの深刻な病気になる可能性もあります。

悪い習慣その7:日光浴のしすぎ
太陽の黄金色の光を浴びると心が落ち着き、多くの人が肌に与える美しい色合いを楽しみます。しかし、それが目の腫れの原因になることをご存知でしょうか?太陽の熱は、肌の細胞や肌の弾力性を保つコラーゲンにダメージを与えます。

また、長時間外にいると、体が脱水状態になることもあります。これらの要因が、目の周りの腫れの原因となります。

– 対策方法 直射日光を避ける
太陽の光を直接浴びることは避けましょう。肌の弾力性が失われ、脱水症状で肌がぼろぼろになるのは避けたいものです。

その他、目袋の原因となるもの
上記の項目は、目の腫れの原因となる悪い習慣を指摘していますが、中には自分ではコントロールできないものもあります。ここでは、目の腫れの原因となる一般的な問題をご紹介します。

副鼻腔の問題
泣くこと
通常の老化現象
遺伝
甲状腺疾患
目の感染症
腎不全
全身性疾患



目の腫れは、何かをしたことが原因の場合もあれば、自分ではどうしようもないこともあります。まずは、いくつかの家庭療法を試してみるのがよいでしょう。ティーバッグやキュウリを使うと、腫れを抑えることができるので、多くの人が使っているワザです。

冷たい水を顔にかけるのも効果的ですし、悪い習慣を変えるのもいいでしょう。何をしても効果がない場合は、医師の診断を受ける必要があります。自分の目の腫れは、基礎的な病気と関連している可能性があり、それを除外する必要があります。

目の腫れについて
年齢を重ねると、目の周りの皮膚がデリケートになり、炎症を起こしやすくなることに気づくでしょう。遺伝性のものなので、一生目の腫れやクマに悩まされる人もいます。これらの一般的な問題に関しては、積極的に行動することができますが、効果がある場合とない場合があります。

何が原因で目袋ができているのか、何が自分に合っているのかを見極めるには、消去法が必要です。なかなか解決しない継続的な問題であれば、医師の診断を受けるべきです。自分の体の多くの条件は、自分の目の周りの皮膚が腫れや変色を引き起こす可能性があり、自分が対処する必要がある深刻な根本的な問題がないことを確認する必要があります。



ピックアップ記事