肌を傷つける10の習慣とは?美肌になる為に必要な事!

毎日お肌のお手入れをしているとはいえ、自分の生活習慣の一部がお肌に害を与えていることを知って驚くかもしれません。
ここでは、お肌に悪影響を及ぼす可能性のある10のことをご紹介します。

お肌は体の中で最も大きな器官です。それは細菌や他の環境の危険から自分の体を保護します。
皮膚には神経終末があり、熱すぎるものや鋭利なものから遠ざかるように感じています。
汗腺は体温をコントロールしています。

さらに、皮膚細胞は日光を吸収してビタミンDに変え、骨を丈夫にします。
自分の肌は、自分の全体的な健康状態を示す良い指標です。

発疹、アレルギー、変な色、感染症などの潜在的な健康問題を知らせてくれます。
これらの兆候は、がん、ループス、肝臓病などの病気の可能性があることを示しています。

自分の肌を傷つける可能性のある10の習慣

お肌を大切にすることは理にかなっていますが、もしかしたら、お肌にダメージを与える可能性があることに気づかずにやっていることがあるかもしれません。ここでは、お肌にダメージを与える可能性のある日常の習慣をご紹介します。

1 – 温水

子供の頃は、ぬるめのお湯でスクラブをするのが好きだったかもしれませんが、ある研究によると、入浴中に熱いお湯にさらされると、時間が経つにつれてお肌のバリア機能にダメージを与えてしまうことがわかっています。熱いシャワーは、お肌の外層にある角質細胞にダメージを与えます。損傷を受けた細胞は、お肌が水分を閉じ込めることができなくなり、お肌が乾燥する原因となります。

このルーチンは、自分の肌を老けて見えるようにし、それは発疹、傷、傷跡ができやすくなります。お風呂やシャワーのお湯の温度が低いことに慣れるのは最初は難しいかもしれません。時間が経てば、お肌にダメージを与えないように、ぬるいお湯の温度に慣れていきます。ブラシやヘチマスポンジで強くこするのは避けましょう。自分の肌に簡単に行く。それは長い時間を持続させる必要があります。

2 – ストレス

ストレスが脳や心臓に健康的でないことはご存知の通りですが、ストレスはお肌にも害があります。ストレスはコルチゾールやアドレナリンなどのホルモンを全身に放出します。これらのホルモンは、皮膚腺がより多くの油分を産生することで反応します。余分な油分が吹き出物や吹き出物の原因となります。ストレスは、次のような問題を引き起こす可能性もあります。

乾癬
酒さ
湿疹
じんましん
発疹
熱性の水ぶくれ
運動、ヨガ、ジャーナリングなど、ストレスを軽減する方法を見つけましょう。

ビタミンB群やたんぱく質を多く含む健康的な食事をして、ストレスレベルを下げる。毎日最低2時間は外に出て、自然に緊張をほぐしましょう。

3 – 睡眠不足

成人は一晩に少なくとも7~8時間の睡眠をとることを推奨しています。通常の睡眠時間を下回ると、お肌の老化が早まる原因となります。これは、睡眠の損失は、炎症を誘発するコルチゾールを生成する自分の体を引き起こすためです。炎症が起こると、肌をつるつるに保つタンパク質が分解され、シワができやすくなります。そのため、睡眠不足になると肌がふくらんで見えるのです。また、睡眠不足は酸素濃度を低下させるので、肌がしみたり青白く見えたりします。

規則正しい就寝時間を作って、ぐっすり眠れるようにしましょう。食後のカフェインやアルコールは、一晩中眠れない原因になるので避けましょう。部屋が適温で十分に暗いことを確認してください。眠れない場合は、メラトニンのような自然療法を試してみましょう。それは非習慣の形成であり、自分に奇妙な夢を与えることはありません。

4 – 十分ではない流体

お肌をケアするための素晴らしい方法は、水分補給を怠らないことです。研究によると、成人女性は1日に約2~2.7リットル、成人男性は1日に2.5~3.7リットルの水分を摂取する必要があるとされています。肌は水分を保持しています。1日の水分補給が不足していると、肌が荒れたり、乾燥したり、弾力がなくなったりします。脱水状態の肌は、肌がかゆくなったり、くすんで見えたりします。乾燥した肌は肌の調子が悪くなり、シワやほうれい線が目立つようになります。幸いなことに、生活習慣を変えることで簡単にお肌を改善することができます。水をたくさん飲めば飲むほど、肌が若々しく見えるようになります。用事の時には水筒を持ち歩くようにしましょう。相手は自分の肌を脱水することができるので、カフェイン入りの飲み物は避けてください。



5 – 加工食品を食べる

ハンバーガー、フライドポテト、スイーツなどのジャンクフードはグリセミック指数が高いです。この値の上昇は、血糖値を上昇させるだけでなく、肌の吹き出物を誘発します。ファストフードには脂肪や塩分が多く含まれており、お肌に影響を与えます。過剰な糖分、塩分、脂肪は、お肌のコラーゲンやエラスチンを破壊します。肌のハリが失われ、たるみやシワの原因になってしまいます。加工食品ではなく、以下のような食品を選ぶようにしましょう。

フレッシュフルーツ
新鮮な野菜
豆類、低脂肪チーズ、ギリシャヨーグルトなどのたんぱく質の少ない食品
キヌア、玄米、全粒粉パスタなどの全粒穀物
ナッツと種

6 – ヘアケア製品

毎日のように様々なヘアケア用品を肌への影響を考えずに使っているのではないでしょうか?生え際や首の後ろ、おでこなどの毛穴を詰まらせる成分が含まれているヘアケア製品は、小さな吹き出物や吹き出物の原因になります。吹き出物や吹き出物が出てきたら、新しいヘアケア用品を手に入れる時期かもしれません。一度製品の使用をやめてしまうと、肌がきれいになるまでに数週間かかることがあります。ここでは、吹き出物や吹き出物の原因となるヘアケア製品の主な原因をいくつか挙げてみました。

アルガンオイル
ココナッツオイル
パーム油
ヘンプシードオイル
アーモンドオイル
グレープシードオイル
ココアバター
綿実油
大豆油
シアバター
オレイルアルコール
オレイン酸イソデシル
ボタニカル
藻類エキス
ミリスチン酸イソプロピル
パルミチン酸イソプロピル
ステアリン酸ブチル

7 – シワの原因になる笑顔

少し口角を上げて自撮りのポーズをとるのは無害なように思えますが、このような表情は口元や唇のシワの原因になります。誰もがやっていることですが、このような顔の表情は、口の周りや唇のシワの原因になります。私たちの口の周りのしわは、口周囲のしわと呼ばれています。このシワは、特に女性に多く、年齢を重ねるごとに深くなっていきます。

これは、口の周りの皮膚には皮脂腺や汗腺、血管が少ないため、血行が悪くなり、シワができやすくなるからです。また、この部分の筋肉はお肌の中層に付着しているため牽引力が強くなり、シワの原因にもなります。その他、シワの原因となる顔の表情には、以下のようなものがあります。

ストローから啜るパッカリング
しかめっ面。この顔の表情は、最も筋肉を使い、最悪のしわの原因となります。
眉毛を上げる。驚いたように見えると、額のシワの原因になります。
ぷくぷく。唇の周りにシワができてしまいます。
笑顔が大きすぎる。笑ったり、笑ったりするとカラスの足になります。
目を細める。自分が太陽の下で、継続的にまばたきをしている場合は、カラスの足と額のしわと唇のしわがあります。

業務用パワーを実現した脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」

8 – お肌の製品に含まれる成分を読まないこと

新しいスキンケア商品を見かけたら、必ず成分をチェックしましょう。シリコン系の製品は毛穴を詰まらせ、コラーゲンを分解して毛穴を拡大させてしまいます。また、肌がオイリーになったり、肌が荒れたりする原因にもなります。肌につけるものには気をつけましょう。ラベルを読んでください。より良い品質の製品を得るために余分なお金を支払う必要があるかもしれませんが、自分の肌は追加のコストの価値があります。

9 – 汚れた携帯電話

お風呂場やキッチンなどの汚い場所に携帯電話を持ち歩いていますよね。長時間携帯電話をしていると、携帯電話についた雑菌などの汚れを顔に移してしまいます。この習慣が肌に悪影響を及ぼすのは当然のことです。抗菌ワイプでこまめにスマホを拭くようにしましょう。また、自分の顔が吹き出物になるだけでなく、自分を病気にするだけでなく、大腸菌や他の細菌を拾うことができる自分の浴室に自分の携帯電話を取ることを避けてください。

10 – 汚れたサングラス

この一年、かけていたサングラスをクリーニングしようと思ったことはないでしょう。車のフロントガラスと同じように、サングラスには細菌や汚れが付着しています。これらは肌に付着したり、鼻や目の周りの毛穴に入り込んだりします。定期的にお手入れをしていないと、発疹や吹き出物、感染症が発生することがあります。グラスワイプを使えば、サングラスをかける前に簡単にお手入れができます。財布や車の中に入れておくと便利です。

自分の肌を傷つける習慣の考え
自分の肌に害を与えている悪いスキンケア習慣を長年に渡って身につけてきたことを知ると、驚くかもしれません。シャワーの温度が高すぎたり、加工食品を食べていたり、携帯電話の掃除を怠っていたりと、これらの習慣をやめれば、お肌に違いが出てくるはずです。自分の肌はケアをする価値があるので、明日の若々しい肌のために今日からこれらの悪い習慣を断ち切ってみませんか?


ピックアップ記事