本気のスキンケアのコツとは?シワを防ぐ、避けるべき成分の3つの方法をご紹介!

スキンケアの理念にはどのようなスキンケア製品が必要なのかと考えたことがあるかもしれません。
スキンケアは難しいことや面倒なことではありませんが、忠実に実践し、定期的に見直していく必要があります。

天候や年齢、気候などによって、スキンケアのやり方を変える必要があるかもしれません。
今までのスキンケアはシンプルでシンプルなものでしたが、肌の反応が悪くなってきたので、そろそろ変化を求めているのではないでしょうか。

多くのスキンケア製品にはたくさんの化学物質が含まれていて、その多くは有害な評判を持っていたり、がんを引き起こす可能性もあります。
それがなくても、体やお肌には何の効果もありません。お肌は何をつけても「食べる」ものですから、健康に良いものであることを確認したいものです。
体が健康を維持するためには栄養価の高い食べ物が必要なのと同じように、お肌も健康を維持するためには健康的な成分が必要なのです。

スキンケアをするためには、できるだけ良いものを使うのが一番のスキンケア哲学です。

以下に、本気のスキンケアのために避けるべき成分の3つの方法をご紹介します。

スキンケアで避けるべき成分の3つの方法

1.合成香料を避ける

多くの人々はそれらにアレルギーを持っており、刺激を引き起こす可能性があり、長期的な効果は、これらの化学物質の多くのために知られていません。

2.スキンケア用品にアルコールが入っていると肌が乾燥してしまうので避ける

水分を肌に閉じ込めることは、シワを防ぐための最良の方法の一つです。
しかし、お肌が呼吸できるようにしたいので、3つ目の成分は避けましょう。

3.鉱物油とは、原油を作る際に出てくる石油製品のこと

これはお肌を窒息させ、毒素を溜め込んでしまいます。
肌は毒素を排出しないと顔色を滑らかに保つことができません。

また、ラウレスナトリウムのようなものは、化学的な床のクリーナーにも使用されており、パラベンはホルモンをねじ込むことが証明されているので、避けるべき他の成分があります。
もっと良いスキンケア製品はありますが、見つけるのは少し難しいです。

避けるべき成分がわかったところで、スキンケアに何を求めていますか?
スキンケアには、肌のガンと闘う抗酸化物質を補給して健康を増進させる成分が含まれていることが大切です。
良いスキンケア商品には、コラーゲンの生成を高め、肌の水分量を増やす成分も含まれています。

真面目なスキンケアには、どのような成分が含まれているのでしょうか?
1.シナジーTKに含まれる機能性ケラチンは、コラーゲンの産生を促進し、お肌をなめらかに保ちます。
2.フィテッセンスわかめは日本人の老化対策の秘密兵器
3.特殊ナノエマルジョン処方のコエンザイムQ10



ピックアップ記事